次男の文化祭は3回目

前日の大雨も上がり朝から残暑の厳しい1日でした。中3になった次男は文化祭で今年から学年で催しの責任者である文化祭実行委員になりました。微力ですが少しでも文化祭を盛り上げる役目になりましたのでそれはそれで頑張ってほしいものです。そのように少しずつ成長していく姿を見たいがために今年も佐賀まで日帰りで行ってきました。昨年までは朝一番で乗り込んで昼前には疲れて昼食を食べて早々に引き上げていましたが、少しは学習をして午前中は文化祭自体の企画があまりないことに気づいて今年は少し遅らせて行くことにしました。新幹線と高速バスでインターに到着したのが丁度お昼時で我々も早めの昼食休憩を高速のサービスエリアでとっていました。そうすると早速次男から携帯が鳴ります。彼は文藝部も兼部してそちらで飲み物を提供する係もしています。意外にお客さんが多くて飲み物がなくなりそうなので買ってきてくれとの注文です。サービスエリアの飲料水売り場を探しますが、なかなかこれといったものがみつかりません。あっても全て1Lのペットボトルで大きな2Lボトルはなくまた気の利いたジュースもそんなにありません。そこで6本ほど買い込みそれをリュックに背負って小高い丘の学校まで山登りとなりました。そんな状況を予測してリュックを持ってきていたわけではありませんがとても重宝しました。坂を上ること15分で校門に到着ですが、残暑の中で汗だくとなり負荷のかかった良い運動をさせてもらいました。

到着したのが正午過ぎですぐに次男にペットボトルを渡しました。丁度昼の休憩を挟んでいましたのでほとんど何も企画はありません。午後からの企画開始の前に一通りの展示物を見て回ります。どこも混んでなくて1時間弱で見学や鑑賞は終了です。次男の文藝部での創作文をまず読みます。夏休みの読書感想文ですらまともに書けないほど文字音痴な次男ですが、創作文を読むと一体誰がゴーストライターかと思うほどの出来栄えです。きっと昨日まで部長や文藝部の顧問の先生の添削が大変だったことが予想されます。結果として別人が書いた文章として印刷されて親としては複雑な思いで我が息子の創作文を読んでいるうちに午後の部が開催となります。次に学年での企画を見に行きます。次男が文化祭実行委員として催しを取り仕切っています。そのような姿は自宅では見ることが皆無ですのでそれを見るとこの2年半の成長ぶりがうかがえます。親バカかもしれませんが、それはそれで寮に入って日々成長する子供の姿は頼もしいものがあります。企画自体は中3らしいもので外部者から見るとなかなか内部事情がわかりませんので意味不明の部分も多々ありましたが、それはそれで良しです。その後体育館でダンスや音楽を鑑賞して午後3時過ぎには終了となり今年の文化祭は昨年と比較して子供の成長を見ることができた貴重な1日でした。あと何回かこの地に足を踏み入れることはありますが、初々しい入学からもう少しで折り返し地点を迎えます。歳をとってくると若い頃と比較して日々の時間経過のスピードがとても速く感じられます。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

現実逃避をしたいと思うことはありますか?

人間誰でも嫌なことを経験した時にはこの場から逃げたいとか消えてしまいたいとか思ったりします。そのような気持ちになるのは当たり前のことです。寧ろならない方が異常です。ではそのような気持ちに襲われた時どうすればよいのでしょうか?もう目の前が真っ暗でこの世の終わりと思って自らの命を絶つこともたまに見かけます。しかし今回はそのようなケースではないとします。自殺については絶対によくないという意見で一致しますが、それを語り始めるとそれだけでこの紙面が何枚あっても足りません。ですから今回の話題はそんなに嫌なことがあったらまずその場では逃げ出せないのでじっと「おしん」で切り抜けます。多分その途中経過は頭がパニックって後であまり思い出せないのではないかと思います。それから一人になった時に初めてメラメラと腹の立つ相手の顔が浮かんでは消え自分の情けなさになんとも言えない気持ちになって「消え去りたい」と思い始めます。ここまでのシチュエーションを思い浮かべていただいてあなたに質問します。あなたはどうやってこのピンチを切り抜けますか?

「今日は死ぬほど酒を飲んでやる!」とよくあるパターンです。実際私もそう思って飲むことはありますが、死ぬほど飲めませんし飲んでその場を凌いでも翌朝の二日酔いの後のあのどんよりとした気分はまた嫌な思いがマックスに達します。それでも仕事はしなければいけませんのでモヤモヤ感が当分の間続いて1週間くらい経過すると少しずつ癒えて忘れていきます。その時に仕事を死ぬほど必死にして乗り切るタイプの人もいます。一方で仕事以外の事で乗り切るタイプの人もいます。家庭があれば仕事とは全く関係のない家庭の安らぎで乗り切れることもあります。独身ならば趣味などに没頭して乗り切ることもありますが、どんな形であっても乗り切ることができれば結果オーライです。

現実逃避したいと思う理由が嫌なことであった場合は原因がはっきりしていますので落ち込みも大きいですが立ち直りも早い場合が多いのですが、何度も同じ過ちを繰り返して落ちこみます。また有名人が「ずっと突っ走ってきたのでここで少し充電したい」と休養宣言する場合もあります。あの発言に対して「時間とお金と休みが取得できる立場にある人は羨ましい」と思ったことがある人は多いと思います。一般人はサラリーマンでも自営でもなかなか長期休養に踏み切ることは病気以外ではできません。自分も「なんとなく現実逃避したいな」と思う事が最近よくあります。なぜかはわかりませんが、同じことの繰り返しが疲れてくるのでしょうか?少なくともそれを仕事で倍返ししようという気持ちにはなれません。せいぜい5日間の海外旅行に行って気分転換するくらいでしょうか。後で振り返るとそのような時期が一番安定していて幸せだったのかもしれません。一大事が起こればそのような事を考える前に目の前の事を処理するだけで手一杯になり「現実逃避なんてこれを乗り切ってからにして」と思います。人間なんて身勝手なもので安定しているときは何かとつまらないことを考えてしまいます。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

次男の自転車旅行~旅立ち編~

今回は実際の旅行記を本人から事情聴取です。同志は二人で佐賀と福岡からはるばる自転車でやってきました。こちらに土曜の夕方に到着しましたが、出発は3日前で福岡と小郡に一泊したそうですが、よくよく聞くとやはりファミレスで夜を明かしたそうです。リーダー格の佐賀の友人は過去に1週間でしまなみ海道を制覇したことがあるので少しは安心ですが、もう一人の友人はほとんど初心者で次男と同じです。到着当日はサンフェスタの日で自宅から花火を見ながら夜遅くまで3人で遊んでいました。「明日の朝は早いのに大丈夫?」と心配になりますが、明日は明日の風が吹くのでしょう。翌朝は5時に出発予定でしたが、案の定起き上がれません。1時間半遅れの7時前に出発です。友人たちのロードバイクよりも初心者の次男のロードバイクが一番高級車です。せめて乗り物だけでも高級車を持たせて同志の足手まといにならないようにと親の切なる願いです。後で次男から聞きましたが、友人の自転車と交換して乗ったらやはり同じ力でペダルを漕いでもかなり足腰への負担が違うそうです。伊達に高級車でははいことの証明です。特にこの夏はくそ暑く40度にも達するかという猛暑では体力の消耗と熱中症対策は必須で初心者こそ高級車に乗るべきだったのです。出発してから6時間経過してまず次男から第一報では午後2時過ぎに柳井のファミレスで休憩中とのこと。広島までまだ残り80km近く残っています。夜8時頃に到着すれば御の字ですが、その後予定が大幅に超過して夜の11時過ぎに広島駅前の親が予約しておいたアパホテルに到着です。最後の一報は「今着いた。疲れた、寝る」でガチャンです。それもそのはず次男は生まれて初めての体験で同志もそれまでに九州から自転車で来ているのですからかなり疲れがたまっているはずです。

翌朝はチェックアウトの11時直前に目が覚めたようで、「チェックアウトが間に合わないけどどうしよう?」と焦って電話が掛かってきました。そんな調子ですから2日目の予定では午前中にフェリーで松山に渡る予定が午後になりました。更に不運なことに2日目に泊まる予定だった松山の友人宅が急な御不幸で泊まれなくなったのです。そんなことはつゆ知らず夕方まで何の連絡もなく夜いきなり「今、呉で学校テニス部の先輩の友人の家に泊まる」との一報。先輩の友人宅は3人からみれば学校の先輩でもなく全くの赤の他人宅です。昭和生まれの律儀な世代から見ればアンビリーバブルですが、平成生まれの現代っ子にとっては普通なのかもしれません。翌日はフェリーで松山に渡ったものの現地滞在時間は1時間で次男の自転車旅行はあっけなく幕切れです。その後は松山から柳井へのフェリーでトンボ帰りです。柳井からはかみさんが自転車を車に載せて自宅に直行でした。

とんだ無計画な旅で親世代から見れば故西城秀樹さんのヤングマンの「若いうちはやりたいこと、何でもできるのさ」という貴重な経験ができて羨ましい限りです。少し高い出費でしたが、この経験が将来の大学受験や社会人になってからきっと役にたつでしょう。親からみても次男のハラハラドキドキの貴重な3日間の親からの旅立ちでした。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

次男の自転車旅行~準備編~

佐賀から帰省する直前に次男が来週友人と3人で広島から四国に渡って自転車ツーリングに行ってくるといきなりの電話。そこからドタバタ道中前夜祭が始まります。まず次男は小学生時代の変則ギヤ式の一般的な子供用自転車しか持ってない。以前に防府まで友人とツーリングしたことはあるが、遠距離の本格的なツーリングはしたことがない。またこの時期は40度に迫ろうとする猛暑で体力の消耗と熱中症対策が必須でそこまで過酷な状況ということを本当に理解しているのか?友人と人で行くと言っているが宿泊施設は決まっていないなどなど疑問点が山のように出てきます。本人に一点ずつ確認していくとほとんど行き当たりばったりの状況です。これでは流石に親として許可できないと次男に言いまました。ではどうしようか?と本人と相談です。まずは自転車。流石に小学生の時の自転車で100km以上の長丁場にチャレンジさせるわけにはいきませんので、早速自転車店に買いに行きました。ロードサイクルは高値と聞いていましたが、10万円強もするのでビックリです。一瞬「ツーリング行くのをやめたら」と言いそうになりましたが、心の叫びを抑えました。次男が何かにチャレンジする時に金銭面で不可能なら諦めさせるのですが、少し背伸びをすれば届く範囲でしたら、子供にとってこの夏の冒険がこれからの人生に何かしら役に立つかもしれないと思い即決で購入しました。

冒険まで残り1週間、翌日から新車で初乗り練習です。日目には予想通り?転倒して手や足にかなりの擦り傷を作りましたが、子供の治癒力は凄いもので出発日にほぼ治っていました。次に計画です。こればかりは相手があることですぐにはどうにもなりません。中学生だけで本当に外泊は良いのか?など気になることも多く、どこから情報が漏れたのか?中学校の担任から電話があり、「クラスの友人達でツーリング計画を立てて広島から四国に渡ると聞きそのメンバーに次男も入っているようだが、保護者は知っていますか?」と確認がありました。てっきり学校側がストップをかけたのだと思いましたが、そうではなく「ご存知ならよいです」との返答でこれが事実上のゴーサインとなりましたが、学校側もおおらかでこれもビックリです。次は宿泊先です。本人たちはお金を節約するために野宿をするとか、24時間営業のファミレスで夜を明かすとか宣っています。親としては同意できません。未成年人組が深夜に店たむろっていたら流石に夏休み期間中といえども警察は職務質問をするでしょう。そこでお咎めなしならよいのですが、何かトラブれば親と学校に連絡がいくでしょう。親までならまだいいのですが、学校まで行くとややこしくなりますので、「頼むからビジネスホテルに泊まってくれ」と今度は親からの懇願です。夏休みで直前のため広島のビジネスホテルの空きをネットで探すもなかなかみつかりませんでしたが、やっとのことでトリプルをゲット。翌日の松山では中学の同級生の実家に頼み込んで泊めてもらうとのことでした。なにからなにまで初体験で見ている親の方もハラハラドキドキです。道中は次回に続く。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

成功にとらわれるな、成長にとらわれろ

今日ネットでサッカーの本田圭佑選手がこれからの目標ということで語っているのを目にしました。彼は言わずと知れた天才ですが、イチロー選手と同じように努力の天才でもあります。才能ある人が一流になるためには継続する努力も必要です。そして彼もイチロー選手と同じように独特な表現をします。初めてワールドカップに出場した頃から優勝したいとマスコミのインタビューで答えました。普通なら「何言ってんの?この若造が」と予想通り叩かれたこともありました。本当は結果を出してから言えばいいのですが、夢や目標に向かって進む場合には大ボラも時には必要です。人は言葉に出して自分の退路を断って結果を出そうとすることもあります。彼はよくその手段を使います。スケールでは私は彼に遠く及びませんが、自身でもどうしてもやり遂げなければいけないことがある場合には先に周囲に公表して退路を断ちがんばることはよくあります。一方で寡黙に行動して完成後に公表して周囲を驚かすという手段もありますが、これもなかなか達成するまでは大変です。両者は結果までのプロセスは同じですが、自分を追い込むか追い込まないかで自分にかかるプレッシャーは異なります。ロシアワールドカップではベスト16にとどまりましたが、彼の存在が日本のサッカー界の底上げをしたことも間違いありません。そして終了後に代表引退、そしてもしかしたら中田選手みたいにスパッと現役引退もするかと思いましたが、今回のネットの記事を読む限りそうではないようです。今回はバハマからの取材でしたが、彼は目標がないと突き進めないタイプのようです。そこで目標を4年後におかずに目の前の東京五輪出場に定めたと書いてありました。これも32歳の肉体にとっては大変な目標だと思います。また彼は自分を窮地に追い込んだのでしょう。

そこで本日の話題ですが、このフレーズは本田圭佑選手の独特の言い回しのようです。20176月に大学の講演で言われたらしいのですが、引用されたのか自身のオリジナルかは不明です。いずれにせよ成功と成長と韻を踏みながら一時の栄冠よりも更なる高みへ突き進む彼らしい表現です。今回初めてネットでこのフレーズを聞いた時今の私にピタッとはまりました。別に自分は成功したとは思っていませんが、失敗したとも思っていません。成功とは周囲の人が決めることであって自分で決めることではありません。多分本田選手も周囲は成功したと言うけれど自身はそう思ってないのでしょう。そんな彼が成功より成長、つまり目標を掲げて前に進んでいくには言霊の力が必要なのです。自分を追い詰める言葉が必要なのです。その彼の意気込みがそのフレーズの一言で伝わってきました。私からみればスポーツ選手で大スターですが、自分とは畑違いですのでその凄さは正直あまり実感がありません。自分より二回りも若い世代という感覚しかないのですが、今回のネットの記事を読んでイチロー選手に劣らず素晴らしい精神の持ち主だと思いました。スターはどの世界にも多くいれどもワンフレーズで相手の心をグサッと鷲掴みにする大スターはなかなかいません。そいう意味では小泉元総理も言葉を操る天才かもしれません。

カテゴリー: 日常のこと | タグ: | コメントする