初来日したトランプ大統領の変身に期待を込めて

トランプ大統領が初来日しました。大統領就任以来、良くも悪くもいろいろな場面で登場してきます。世界に最も影響を与える人物として過去にはプーチン大統領があがっていましたが、現在ではトランプ大統領の方が上手かもしれません。我々はメディアからの情報しかありませんのでそれを基にして人物像を頭の中に描きます。ですから悪い噂ばかり流せば会って話もしてないのに「あの人は悪い人に違いない」という印象操作がなされ先入観が刷り込まれます。実際に会うと全然違っていたということは世の中ではよく経験されます。しかし昨年からの選挙戦を通じて同じ共和党からもかなり批判を浴びましたが、したたかに勝ち上がっていきました。そして流石に民主党のクリントン氏には負けるであろうと予想されていましたが、見事に覆して大統領になってしまいました。当選当初は本人が一番驚いたかもしれません。その後の報道によればロシアと結託して選挙妨害やサイバー攻撃をしていた可能性が最近になって発覚しました。勿論、それもトランプ流に言えば「フェイク即ちでっち上げ」となりますが、事実か否かは闇の中です。FBIが大統領の意に反してかなり頑張らなければ証明できませんが、その前に大統領のお得意の決め台詞で「解任」されてしまいました。その他にも移民規制やTPP離脱やパリ協定の脱退と自国がよければ何でもありの政策です。現時点までに日本にとって良かったことは日米安保の踏襲による北朝鮮への圧力と拉致問題への言及くらいでしょうか。

書き出せばきりがないので話題を少し変えましょう。ではオバマ前大統領やブッシュ元大統領と決定的に違う点は何でしょうか。多分、商売人か否かの違いが根底にあるように思えてなりません。国家間の貿易不均衡是正にはポリシーだけでは上手くいかないことも多く商売上手な国家が得をしますが、それだけでは正常な国家関係は成立しません。ある時は貧乏くじをひいてでも未来の国家像を描くことも大切だと思います。当時のブッシュ政権のイラク派兵やオバマ政権の中朝政策の失敗はありましたが、まだ彼らには一貫したポリシーがありました。当時のメディアは彼らを相当に批判しましたが、トランプ大統領になって初めて前・元大統領の一貫性が見えてきました。もう少し時が経てば大統領らしくなるかもしれませんが、就任1年目のトランプ大統領にはそれが見えてきません。時間の経過とともに米国が孤立していくように見えて仕方ありません。
日本でも旧体質の古い考えの政党に嫌気がさして新しい党に変えたのがおよそ10年前でやはり「こりゃダメだ!」と元に戻しておよそ5年。もう少しデビュー戦をうまく飾ればまだ復活の可能性があったかもしれませんが、いつの間にか分裂してわけがわからなくなってしまいました。結局、餅屋は餅屋で新参者が新しい世界に飛び込んで早期に適応して結果を出すことは非常に難しいことなのでしょう。トランプ大統領もビジネスでは素晴らしい功績を残しましたが、今後の変身?変心?で政治でも功績を残してほしいと望んでいます。今回のゴルフ外交を含む日米首脳会談で蜜月関係の成果を期待したいものです。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

「さらさら日記」と「更々日記」

今回の選挙のキーワードは「ファースト」や「希望」から「さらさら」や「排除」という想定外の言葉で選挙結果を大きく左右しました。公示当初は政権選択という期待感が高まり未来への希望の光が見えましたが、いつの間にか「さらさらありません」という強い否定と「排除します」という上から目線で希望から失望に変わってしまいました。このように言葉は一度発せられると矢の如く飛んでいき二度と自分の所に戻って来ません。戻って来るとしたらブーメランの如く自分の急所に突き刺さってしまいます。ですから何気ない気持ちで放った「たかが言葉」が「されど言葉」として後のわが身に降りかかり襲ってきます。以前「言葉は矢の如し、いつもその言葉が真実であるか?言う必要であるか?相手に対して思いやりがあるか?を考えて発言しなさい」というくだりの本を読んだことがあります。私自身の口の利き方が悪い方ですので、いつも言ってしまった後に「しまった」と反省することがとても多く「次こそは言うまい」と思ってもまた同じ過ちを繰り返してしまいます。本当に発言に関しては性懲りもなく性根がないので、今回の一連の騒動は身に染みます。一方で発言自体は「言葉に切れがある」とか「江戸っ子で気風がいい」という解釈もあります。希望の党がマイナーな党に埋没するならそれでよしですが、国を二分して過半数を取り込まなければいけない場合は「切れのある言葉」よりも「寛容のある言葉」でなければ半分以上の人を納得させることは不可能でしょう。

ところで「さらさら」というキーワードを今回なぜブログで解説するかというと私のブログが「さらさら日記」ですので、同じ言葉でも使用方法が異なると天地の差になってしまうのだと実感したからです。一般的に辞書で「さらさら」をひくと「湿り気がなく乾いて水がよどみなく流れて軽快に進むさまで物事が軽く触れ合う音」と書いてあります。どこから見ても悪い印象を与える言葉ではありません。しかしその副詞的用法や形容動詞的用法を一歩間違えてその後に「ない」をくっつけてしまうと状況は一変します。つまり「さらさらない」と言ってしまうと全く異なってきます。しかし漢字で書くと「更々ない」となって全くないという強い否定に変わってしまうのです。つまり私のブログで使用している「さらさら日記」や「サラサラ日記」と「更々日記」は根本的に意味が異なり、わかりやすく言えば「橋」「箸」「端」のような違いでしょう。その場合でも発音つまりイントネーションで使い分けることは可能ですが、なかなか文脈の中で瞬時に漢字変換を頭の中で行うことは相当な国語力が必要です。漢字の「更々」と平仮名やカタカナの「さらさら」や「サラサラ」は全く別世界のものだということが今回の「更々事件」を通して自分でも納得したわけです。今回の事件までは何気なく使用していた「さらさら日記」ですが、まかり間違えると相手を見下して全否定するような「更々日記」と勘違いされる可能性もあり注意していかなければなりません。ちなみに発音やイメージから「更級日記」を思い起こされる方もいるかもしれません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

長女の学園祭を見に行って

長女は現在大学2年で来年以後も学園祭に参加しますが、上の学年に上がるにつれて学業が忙しくなり学園祭も参加するだけで企画はできなくなります。ですから今回は親バカの夫婦二人で長女の学園祭に最初で最後の参加をしてきました。学園祭は土日の連チャンでありますので土曜の仕事が終了してから夜に東京に到着です。夜は長女と家内と3人でワインを飲みながらの夕食です。年に数回長期の休みで帰省した時に家族皆で外食することはありますが、大都会で3人でこのようなシチュエーションはなかなかありません。少しばかり違和感を覚えます。

ワインを飲みながらたわいない話をしますが、頭の中では中高大時代の文化祭を思い出します。中学はまだ右も左もわからずに何となく通り過ぎた文化祭。自分の記憶はほとんどなく敢えて言えば少し大人びて見える先輩がエレキでロックを弾いていました。高校になるとかなり記憶がありますが、帰宅部でしたので自ら進んでという催しはありません。クラス対抗合唱コンクールで当時は1学年11クラスありましたので3年の我が男子クラスが33クラス中見事1位になったのが良き思い出です。これはクラスに複数の男子合唱部がいて夏休み明けから約2週間猛練習しました。今でも同窓会ではその話題で結構盛り上がります。大学の文化祭は毎年文化祭の開催日とバレーボールの試合が重なりほとんど参加できませんでしたが、夜な夜な大学構内で酒を飲み明かしたのはよく覚えています。当時はまだ「今日のお酒が飲めるのは〇〇さんのおかげです。一気!一気!」と強要は当たり前で潰れて当然の時代でした。急性アル中もいたはずですが、今と比べてまだまだ寛容な時代でした。大学での学園祭のハイライトは応援団による締めと神輿を担いで練り歩くというフィナーレが待っていますが、残念ながら一度も参加していません。この歳になって機会あれば観に行きたいとも思っています。離れて歳をとればとるほど懐かしさが増幅してきます。ふとほろ酔いの中でそんな事を考えていた自分がいました。はっと我に返ってまた3人でのたわいもない会話で夜は更けていきます。

翌日の午前中に台風が近づく雨の中での最初で最後の長女の学園祭に行きました。雨のため人はまばらでした。長女はテニス部で頑張っていますので、クラブ主催の出店をしていました。高校時代も長女はこのようなイベントには参加して影の力持ちをする方が得意でしたので今回も表にはあまり出ずに裏方仕事で焼きそばを焼いています。当時私たちが学生時代でも早稲田や慶応などの総合大学の学園祭に行ったときなどは、広すぎるキャンパスの中でわけもわからない企画や催しがあふれて結局何しに行ったのかわからないまま疲れて帰る学園祭も多くありました。ある程度学生さんの顔が見える距離と範囲で開催される学園祭の方が身近に感じられます。今回の上京は台風のため雨も強く早々に退散しましたので今年が最初で最後と言いながらも来年も上京しているかもしれません。現在の子供の行事に全て親も参加という風潮は、当時を知る昭和世代には隔世の感があります。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

ゆらぎと事業計画

心臓の脈拍は揺らいでいます。と言っても何のことやらさっぱりでしょう。これは心拍変動といって心臓が鼓動する1回1回の間隔が微妙にずれるのです。そのずれの事を揺らぎと言います。家庭血圧計などで心拍数(脈拍)が表示されます。例えば心拍数60回/分と表示される場合1分間に60回心臓が鼓動していますよという意味なのですが、1分まるまる測定しているわけではありません。その時の心拍数がもし1分続いたら60回になるよという予想なのです。だから少し前の心拍数は58回で次は62回かもしれません。総じて押し並べて見ると平均60回/分なのです。人間は生物ですから時計のように精密機械ではありません。メトロノームのように正確ではありません。時計やメトロノームが80年間も壊れずに正確に動き続けることができるでしょうか?多分不可能です。しかし人間の心臓は休まずに80年間動き続けるのです。そのためには微妙に心臓の鼓動の間隔にばらつきという揺らぎが生じて、それが長い目でみれば故障を防いでいるのです。最近ファジーという言葉で機械のコントロールを少し曖昧にわざとすることがよくあります。これも生物学的には正しい理論で正確に時を刻むように作動するよりも人間にとっては心地よく感じてしまうのです。

先日あるカンファレンスで事業計画についての検討会がありました。銀行から少しでも有利な融資を引き出すためには綿密な事業計画が必要になります。それはお金が絡むことですから致し方ありません。しかしまだ土地も建物も決まってない個人事業主が事細かな計画を立てたってうまくいくわけがありません。詳細な準備は必要ですが、ことお金に関しては少しくらいファジーな部分があってしかりだと思うのです。事業を始めると急に工面しなければならないお金が必要になることが多々あります。ですからある程度ファジーで揺らぎのある事業計画を立てるべきだと感じました。たまたま他の方の事業計画を見せて頂いたのですが、あまりにも完璧な計画でした。もし予想通りにお客さんが来なければ?とか事業主が急に病気をして仕事ができなかったら?なども長い人生ではよくあるとまでは言いませんが、考慮しておかなければいけないことです。自分が結構な計画魔の性格ですのできっちりとした事業計画を見ると気持ちよく爽快な気分になるのは事実ですが、今回の計画を見るとあまりにも完璧すぎて完璧を求めることが好きな私でさえももう少しファジーで揺らぎがないと長い人生うまく乗り切れないと思った次第です。勿論、計画を立てられた方を非難しているのではありません。昔の自分なら同じように突き進んでいたに違いないからです。地元の診療所に帰ってきて早20年近くが過ぎようとしていますが、その間いろいろな事態が起こりました。その結果自分が思い描いた事業計画なんてなんと青かったと思う今日この頃です。老婆心ながらそのように思っています。その事業計画を見せていただいた時にふと20年前の何も先が見えないけれどもやる気だけはみなぎっていた当時がとても懐かしく思い出されました。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

語彙力こそ教養

突然ですが、私の好きな作家に齋藤孝さんと竹田恒泰さんがいます。顔写真から風貌や雰囲気が似ていると思っているのは私だけでしょうか?お互いに教授であり学者ですが、竹田先生は「そこまで言って委員会」のイメージが強く動という感じでしょうか。齋藤先生は本当に教育者という感じで静のイメージを強く感じます。今回はその齋藤先生の話題ですが、最近「語彙力こそが教養である」という本を読み感銘を受けました。以前、「読書力」という本をたまたま読んだことがきっかけでほとんど当時出版された齋藤先生の本を読みあさりました。しかし同じ作者の本を続けて読むと話す内容を変えてもその人物の底辺に流れる考え方は変わりませんので飽きがきます。そしてこの4-5年は齋藤先生の本を全く読んでいませんでした。しかし今回書店でこのタイトルを見た時「まさに今自分が求めているのはこれだ!」と感じて早速読んでみました。

大学受験から医師になってある程度臨床経験を積むまでの間は、語彙力よりも受験に必要な単語や医学専門用語を理解習得することが手一杯であまり読書という人間性を高めることはしてきませんでした。語彙そのものを私の中ではずっと現代国語という入試の範疇で一括りにしてきました。ですからあまり好きにもなれませんでした。しかし「読書力」を読んでから私の中で本のイメージが大いに変化しました。今回はその冒頭部分に「言葉は身の文」という諺から始まり、「語彙が豊かになれば、見える世界が変わる」つまり人生そのものが楽しくなるということをおっしゃっていました。なるほど昔は活字アレルギーで読書嫌いだった私が、何がきっかけか?活字に対して苦手意識が無くなりました。更にブログという手段で更に活字が好きになりました。その過程には自身の中での語彙力のアップが大きいと感じています。そのことについてはなんとなく以前から感じてはいたのですが、この本のタイトルのワンフレーズで確信に至りました。

自分の中で語彙力が増すとどのような化学変化が起きたかというと、まず物事に対して多様な見方ができるようになりました。一つの事象に関してもその解釈は多種多様にあります。自分では思いもつかぬ考え方があっても自分の中で語彙力によりそれを説明することができるようなります。例えば「ボキャ貧」の会話では「ヤバイ」「マズイ」「スゲー」など何語かを組み合わせると会話が成立します。しかし奥深さがありません。それに対して語彙力があるとそれを的確な表現として頭の中で整理できます。整理できるとそこでまた立ち止まって物事を考えることができて思慮深い行動がとれるようになったように思えます。英語の単語でも入試の時は赤単5000語などを使用して力づくで覚えようとしていましたが、今の人生では全く役立っていません。現在ネットでNHKの「ニュースで英会話」を毎朝30分程度以前から続けていますが、そのボキャは決して入試や英検に出る英単語ではないのですが、人生を渡っていく上ではとても役立つ語彙力の形成に繋がっています。

「語彙力こそが教養である」という本は私にとって久々のヒットでした。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする