今がファースト

最近、「〇〇〇ファースト」という言葉が流行っています。以前の予備校講師の「今でしょ」の流行語を少し改変して「今がファースト」という造語を作りました。今年の流行語大賞には「アメリカ・ファースト」と「都民・ファースト」がノミネートされるかもしれませんが、「今がファースト」もランクインされればいいなあと個人的には思っています。またファーストを漢字にするとイチローの「一」でしょうか?この一文字が年末の清水の舞台で書かれる可能は低いかもしれません。以前このブログでも少し話題に触れましたが、「今という一瞬」が大切なことは誰にでも理解できるはずですが、ついつい「今という一瞬」をいい加減にしてしまうのも人間の弱い部分かもしれません。今がなければ未来はないし過去がなければ今はないのですが、過去は決して戻ってきません。また未来は誰にもわかりません。結局は「昨日から学び、今を大切に生きて、その結果として明日がある」と思っています。「アメリカ・ファースト」は自国の身勝手な保護主義と非難され、「都民・ファースト」は東京では受け入れられるかもしれませんが、地方のひねくれた田舎者からすれば「東京ばっかりいい思いをして」などと敵視されかねません。しかし「今がファースト」なら誰でも素直に受け入れることができるのではないでしょうか。

誰でもやるからには一番を目指すべきです。しかし非情にも世の中では一番からビリまで序列化されてしまいます。これは区別であって差別ではありませんが、それでもビリだったらいい気がするはずなんてありません。しかし「一番でなかったらビリと同じ」というフレーズが社会でよく使われますが、これも全てが的を射ているかと言えば必ずしもそうではないでしょう。しかしそれだけ「一」や「ファースト」という言葉は特異的な言葉として受け取られるのだと思います。客観的な順番は一目瞭然ですが、主観的な見方をすれば個人の中でまた1~100までの自己評価がつきます。いくら客観的な評価では99番であっても個人としては100点満点をつける場合だってあるわけです。その場合は客観的には劣等生でも個人という主観的な結果としては合格なのです。

最後は自分の人生は自分のもので他人のものでもなくましてや子供のものでもありませんが、その自分の人生を一番にするために子供のために努力することが今自分にとってしなければならない最優先事項ならば、それはそれでよいのです。また子供が巣立って何もすることがなくなれば仕事一番になるかもしれません。今できることを今すぐにすることが「今がファースト」なのです。昔の私はそんなことをしていませんでしたが、今の私はどっちがよいか迷った時には常に心に「もしこれをしなかったら、後で後悔するのではないか?」と自分に問いかけるようにしています。よくわからない場合は全て後悔するにしてしまいます。どうしても決められなければ翌朝の「朝のアウトプット」に判断を委ねて寝させて保留します。それでもダメなら完全に期と気が熟すまで放置します。そして決して「未来の自分が過去の自分に後悔したよ」と言わせません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

読書感想文は必要悪か?

小中学生の夏休みの課題で読書感想文があります。これは我々の時代からずっと続いていますので時代を超えた素晴らしい課題と言っていいのかも?しれません。学校によっては冬休み明けも夏休みに続いて読書感想文があります。年に1回の夏のみであれば「仕方ないな」とあきらめて子供にサジェストしながら書かせるのですが、年に2回もあった日にはちょっと一言余分に物申したくなります。それは私の家内も同じ気持ちのようですので一概に私だけの読書感想文への偏見ではないようです。

まず「本」というものが存在して、それを人間は読みたいと思って読み始めます。上から目線で「この本を読んでみよ」と言われた日には仕事の資料で仕方なしに読むことはあってもましてや、「その本の感想を書け」と言われたら「読みたくもないのに感想文まで書けるか!」と無味乾燥な感想文になるのが必然ではないでしょうか?「好きな本を読んで思ったことを書け」ならまだ書ける可能性もあります。しかし読みたくもない本を指定されて感想文を書けと言われても当時の私も小学生ながらおかしいなと思っていました。そりゃあ本が好きでちょっとませた女の子ならいつの時代でも県のコンクールに入選するのも簡単なことでしょう。しかし「文字が苦手で国語嫌いで人生経験も浅くおませでもない私がなぜ読書感想文を書かないといけないのか?」と当時から大いに疑問を持っていましたので、自分の子供たちが読書感想文嫌いな気持ちがとてもよくわかります。むしろ強制することにより更に国語嫌いになり、挙句の果てに日本語嫌いになるかもしれません。実際に10年前までの私が国語嫌いで読書嫌いだったので実感できるのです。「では今はどうなのか?」と聞かれれば、読書嫌いでも感想文嫌いでもありません。しかし読書感想文を書けと強制されれば「そんなの無駄」と言うでしょう。なぜなら「感想文を書け」と言われて書くのではなく、読んだ後に感想が自然に心から湧いてくるものです。湧いてこなければ小説と一緒で「あー、面白かった」で終わってしまうのではないでしょうか。

ではなぜ10年前から読書を始めたのか?それはやはり「必要は母」なのです。人生でいろいろな困難にぶつかった時に自分の考えでは到底及ばないことが多々あります。その時に過去に同じ気持ちになったことのある人の考えを知りたいと思います。そして私が尊敬する齋藤孝先生が「読書とは過去の作者とその本を通して会話することだ」と書かれていたのが本当に腑に落ちてから読書が好きになっていったのです。そしてブログを書き始めてからわかったことは感想文でもなんでも文章を書くということは「自分の文章を通して読み手である相手と会話するのだ」と思えるようになってから書くことが全然苦にならなくなったのです。国語嫌いの子供たちにそれを言葉で伝えてもわからないでしょう。どうしても必要になったときに初めて自分で身に染みてわかるのです。それまでは読書感想文の強制はやめて好きな本を読ませることが大事です。全く本を読まないのはいささか問題がありますが、読書感想文を書かない自由があってもいいのではないでしょうか?

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

夏休みの理科の自由研究は必要か?

自分が小学生の頃よりずっと以前から学校での夏休みの宿題に理科の自由研究と読書感想文がありました。現在に至っても個人的にその良くも悪しき伝統が脈々と学校で受け継がれています。はっきり言って私は小中学校でそのような課題は苦痛で嫌いでした。今年も6月に入って夏休みを1か月後に控えて世代を超えて今度は親として憂鬱な日々を過ごしています。今回は夏休みの自由研究について次回は読書感想文についての親として子供の教育という観点から私見を述べたいと思います。日本は官僚により支配され、教育行政は文科省が牛耳っています。ですからゆとり教育などとアホなこと言って教育レベルを下げてアホになったら英語教育にすり替えて脱ゆとりと朝令暮改の連続ですが、決して責任を取ろうとはしません。今回の文科省前事務次官の爆弾記者会見で官邸対元官僚の構図を見ても本当にこの人々は国の将来を心配しているのか?と疑問を持たざるを得ません。話が横にそれましたので本題に戻しましょう。

理科の自由研究を私も小中学校としてきました。当時でも子供ながら本当に意味があるのか?と思っていましたが、その点については親になった現在でも同じです。それをしたからといって自分の人生が大きく変わったとは思いません。自由研究というぐらいですのでやらない自由があってもいいのではないでしょうか。やりたければやればいい。それも自由ではないでしょうか。それともう一つの大きな理由は昔から感じていたことで現在も同じように感じていることなのですが、親の見栄張り研究が多いのです。小学生の頭でそんなこと思いつくのか?という素晴らしすぎる自由研究の多いこと。そして学校側も暗黙の了解でファーストネームの子供の名前のみで市の代表に選ばれ県のコンクールに出品されます。一方、大人の世界ではラストネームは有名教授の名前を書かなければ有名な学術論文として認められないためデータを改ざんして論文不正の温床となっています。この二者の違いはラストネームがあるかないかだけです。子供一人で研究の目的や方法、そして解析や結果から得られる考察など無理に決まっています。それなら最初から母親の名前をセカンドネーム、そしてラストネームは父親の名前をはっきりと記載して夏休みの共同自由研究にした方がよっぽどスッキリすると思いませんか?その道のプロが見ればどれくらい親が手伝ったかなんてすぐわかると思います。それを秋に文部科学大臣賞などと受賞されるのはかなり本来の目的や本質をゆがめているのではないかと思うのです。

そこで今回の結果と考察です。まず理科の自由研究は自由だから提出しない自由があってもよい。親との共同研究は共同研究者名をはっきり記載する。私も子供の自由研究にはアイデアを出しますが、実験は必ず自分でさせて結果も出させます。考察は子供一人では導けないのでサジェストすることはありますので共同研究者になります。昨年の次男の中学校で親が全く手伝わずに1枚の紙に書きなぐったような自由研究を見かけましたが、本来はそれが本当の子供の姿だと思います。また今年も悩ましい夏がもうすぐやって来ます。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

朝昼晩の4T

先日、車のラジオで朝昼晩に3Tをすると有意義に過ごせると誰かが言っていました。朝の頭が冴えているときに前日までに吸収した知識を整理するための「アウトプットの1T」、昼からは多くの知識を吸収するための「インプットの2T」、そして晩は昼間の全ての事象を終了させて明日のために頭を切り替えるための「リセットの3T」で、「この3Tをうまく使いこなせばあなたも有意義な人生を送れます」とのことでした。「なるほどこれはうまいこと言うな」と思いながらその時は車を走らせていました。

それから1週間が経過して再度3Tが気になり「あの時の3Tは何のTだっけ?」と思いを巡らせますが、2Tまではアウトとインの対義語ですのですぐに思い出せます。しかし最後の3Tが頭に浮かんできません。そしてやっと「リセットのTだ!」と思い出します。そして再度その3Tを自分にあてはめてみると1Tと3Tはしっかりと腑に落ちるのですが、午後の2Tがイマイチなのです。自分の生活スタイルの中ではどんどん知識や事象を吸収する時間帯は午前中なのです。朝イチのアウトプットは自分が昨日までに吸収した知識や事象が確実に定着しているかを確認するためですので理にかなっています。しかし頭にドンドン吸収できるのは頭の冴えた午前中で午後ではないのです。昼食後に午後の能率アップを図るために20分程度の仮眠をするのが私の日課ですが、それでも午後には睡魔に襲われたりして効率よくインプットできないことが多いのです。学生が午後の授業中にウトウト昼寝してしまうのと同じです。ですから午後はもう少し行動的にチャレンジをした方がよいのでは思い「トライのT」に変えてみました。よって午後は「トライの3T」で晩は「リセットの4T」です。皆さん、どうでしょう?この方がスッキリしませんか?晩の「リセットの4T」は朝イチの「アウトプットの1T」と同様に大賛成です。翌日までつまらない事を残さないために自分をリセットする時間が必要なのです。私の1日のタイムスケジュールの中ではどんなに忙しくてもスポーツジムに行って汗を流して大浴場に浸かります。365日毎日は不可能ですが、できる限り行くようにしています。その「私の4T」によりその日の夜が気分一新できて1日の仕事時間とプライベート時間を分ける役目もしています。ですから私にとっては3Tではなく4Tなのです。

自営業を始めて来年で20年目を迎えます。最初はガムシャラに24時間リゲインを飲まずに戦ってきました。子供が成長していくにつれて何を優先順位の上位に持っていくかを悩みました。それならば「今がファースト」で優先順位をつけました。周囲からは冷ややかな目で見られたこともありました。50歳を過ぎて三途の川の向こう岸がおぼろげに見えてきました。今このブログを読んでいるあなたの場合、「現在の自分の置かれた立場ではそんな事できないよ」と言われるかもしれません。またこの「私流の4T」があてはまらないかもしれません。それはそれでいいのです。以前に「今でしょ」が流行語になりましたが、「今がファースト」で今できることをやればよいのです。後に振り返って後悔しないように。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

太宰府天満宮にお参りして

今年は長男が大学受験です。センター試験が差し迫る年始に神頼みをすると御利益が分散されそうなので早めに太宰府天満宮に参拝してきました。今まで私は太宰府天満宮に参拝したことがありません。防府天満宮も3回しか参拝したことが無く家族が関連する受験がある時だけお参りする都合の良い参拝者です。そんなご都合主義の参拝者でも神様は我々に微笑み助けてくれるのだろうか?といささか心配しながらの太宰府詣でです。ちょうど連休中は長男の寮が閉鎖されて受験生にも関わらずに家でゴロゴロしていたので手を引っ張って一緒にお参りです。自分の高校時代と比較してはいけないことは重々承知しているのですが、「俺は高校3年になったら脇目も振らずに受験戦争真只中だったぞ!」と心で叫ぶのですが、本人はいたってのんびりムードです。これは本人の性格が一番大きいのですが、現代のスマホやネット社会は多くの情報を得るには昔と比較すれば1000倍以上高速化された一方で受験勉強に関してはかなり悪影響を及ぼしているのではないかと思っています。そんなことを考えて新幹線に乗っていたらいつの間にか博多駅に到着です。博多駅から便利なことに直通バスが1時間に3-4便出ています。福岡空港国際線ターミナル経由ですが、ほぼノンストップ便に変わりありません。連休の民族大移動で皆考えることは同じでバスの発着所は長蛇の列で、皆は乗り切れずに次のバスまで待ちます。その光景が延々と続いています。乗って市内の渋滞を抜けると後は都市高速を座席に座れずに満員車内でおよそ1時間立ったままで門前の太宰府駅までやって来ました。

連休である程度の混雑は予測していましたが、年末年始と比較したらかなり空いているのではないかと勝手に想像しながら参道を歩いて行きます。今年の連休は好天に恵まれて少し歩くだけでも汗ばみ紫外線が痛く感じます。境内を抜けて正面まで到着しましたが、参拝するのもそんなに待ち時間はなくスムーズでした。そして祈願のために5000円を納めてお宮に上がって正座して神妙に10分ほど御祈願していただきつつがなく終了です。最近は正座なんてしたことがなくものの5分で足が痺れてきて胡坐をかくはめになりました。自分でも情けなく思いましたが長男も同様です。その後に絵馬に願いを書き多くの掲げられた絵馬の中に埋もれるように掛けてきました。流石に学問の神様だけあって私たちよりも更に気の早い受験生が山のように絵馬にそれぞれの夢を書いていました。皆が皆合格できないのは宝くじと一緒で科学的には理解しているもののやはり最後は宗教でしょうか?神頼みも立派な合格手段の一つで本当に藁をもすがる思いで神にすがる思いです。昨年の長女や次男の神頼みは我々よりも他の受験生がより強く神様を拝み倒したのでしょうか?今回はこの第一弾の太宰府を皮切りに第二弾、第三弾とミサイル発射のように連射して神様を拝み倒す予定です。そして来年には再びこの参道を通り絵馬に御礼を記したいなと思いながら大宰府天満宮を後にしました。帰り際に梅が枝餅の老舗でつきたての餅を食べながら残り9か月を家族ともども乗り切る覚悟を新たにしました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする