和楽会忘年会

以前お話したかもしれませんが、新南陽地区の医師の会が昔からあります。その名を和楽会と言い「わろうかい」と読みます。私の父が開業した頃からありますのでほぼ40年近くになります。現在は周南市になりましたが、以前は徳山市と新南陽市は別々でしたが、医師会自体は徳山医師会と一緒で徳山医師会内に新南陽医師の会を作ろうという機運が強かったのではないかと勝手に推測しています。今となっては今年亡くなった父よりも更に先人で会を立ち上げられた先生が皆鬼籍に入られて当時の事はわかりません。そして新南陽地区で開業すると自動的に和楽会の会員になります。月々3000円の会費が自動引き落としとなりその会費で年に2回懇親会が開かれます。以前は会で1泊2日の旅行に行っていた時期もあったようですが、流石に今の時代にはそぐわないようで私が入会した20年前にはありませんでした。年2回の会は春の会と忘年会が開催されます。現在私が新南陽地区の徳山医師会の理事をしていますが、これも和楽会に入会した順番で2年ごとに理事が回ってきます。以前の私が入会した頃は理事を2期4年されていましたが、そこまですると若手の新入会員に理事が回ってこなくなるため現在は1期2年でその理事になったものが和楽会の飲み会の幹事もしています。特に忘年会は新南陽市民病院の先生方もお呼びして新南陽地区の医師皆で大いに語り合う会ということになっています。ですから通常の忘年会と違って芸などは皆無です。来賓に徳山医師会長をお呼びしてご挨拶と新南陽市民病院長のご挨拶と乾杯がありますが、その後はただただ飲んで食べて語り合う会なのです。そして会費が結構余っていますので毎回酒屋さんに美味しい日本酒やワインや焼酎を6本程度選んでもらって持込みをしてただひたすら飲みます。このような芸のない忘年会があっても同じ同業ですので話すだけでも楽しいものです。医師会理事になると飲み会の場所の予約から出欠のファックスまでしなければいけませんので時期的なタイミングのずれがないように毎年カレンダーとにらめっこしなければいけないのが大変です。

今年も7月には地元のお寿司屋さんを予約しました。徳山なら25人程度入るお店ならたくさんありますが、新南陽地区ではほとんどありません。そして忘年会シーズンですから満席で確保できないこともありますので早ければ早いにこしたことはありません。10月になると出欠の確認や持込みのアルコール選定を酒屋さんに依頼します。そして毎年11月の最終金曜に和楽会と市民病院の先生方が集まりこの会は大いに盛り上がります。今年が理事の2年目で幹事も最後となり、残すところ来年の春の懇親会のみです。春の会は身内だけで10人前後で4月ですので予約が取れないということはありませんので気が楽です。当日は会の進行役ですが、最初の挨拶まで仕切ればあとは皆各々好き勝手に飲んで語っていますのでこちらも気楽に持込みの酒を全て味わい楽しんでいます。なかなか同業者が集まって語り合う機会はありませんのでこの会を企画された先人には感謝しつつこれから次の世代の後輩にも引き継いでいかなければなりません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

名古屋へ医療経営研修

医師になって30年経過して医学知識や技能は多少身につけましたが、経営学は生まれてから一度も学んだことがありません。一昔前までの医者ならば「医療に経営なんて不要」と一喝していました。しかし日本は高齢化が進み医療福祉財源が減らされる現在は、ある程度の経営学は必要と最近の開業する医師は考えています。疲弊の進んでいる勤務医師は役職のある幹部なら開業医と同じように経営に携わらなければなりません。経営についてあまり考えなくてよい医師は若手の勤務医くらいかもしれません。しかしその若手の医師でさえいずれ将来は考えなくてはなりません。経営学は単なる金儲け学ではなく、いかに効率よく医療資源を使って経営を安定させるかが重要で、今後は大学の授業でも医療経営学という講座が必要だと思います。20年前に実家に戻り最初の頃は若手の勤務医と同じく経営についての知識は皆無でしたが、年月が経ち自分が経営者になるとそういうわけにはいきません。そこで8年前から年3回東京に医療経営について勉強に行っています。この会には同じ開業医が集まりますので同じような悩みを議論できとても刺激的です。またその勉強会のオプションで年1回の旅行研修で他の医師の実際の医療経営手法を見学に行く企画があります。そして見学後に当地でその経営手法を皆で議論して温泉旅館に一泊して懇親をはかる会なのです。今回はその研修旅行で名古屋に1泊2日で行ってきました。

勤労感謝の日の朝一の新幹線で名古屋に到着して目的のクリニックは休日も診療していますのでそのお邪魔にならないように片隅で見学です。その後に会議室でそのクリニックの医師から説明を受けてどうすれば患者さん側と医療側でウィンウィンの関係ができるかを議論します。毎日の診察室の中だけの自分では独善的な考えに陥りがちになります。しかしこの会に参加すると同じ医師でも科や地元も異なり多種多様な考え方を聞くことができますので、翌日の診療からまた異なった目で見ることができるのです。

この研修会はマジな勉強会で夕方には疲れがどっときますが、その後は温泉につかり裸の付き合いで身の上話も出てきます。懇親会では地酒を飲みながら子育て論から趣味、そして将来や老後についてありとあらゆることが話題になります。同業者でも仲のよい友人以外に腹を割って話すことはどこの世界でもありません。以前から無二の親友よりも時が経てば隣人の方が勝ると言います。サラリーマン医師ならまた違うかもしれませんが、開業して独り身になると気は楽ですが、孤独との戦いになります。何か良い手段はないかと模索してついにこの会に出会ったのです。参加者は皆同じ思いがありますので、飲み会では「今自分が何を思っているか」を語り合いますが、皆それぞれ人生のステージが異なりますので、自分の通って来た道ならばその経験をアドバイスしますし、わからないことは恥ずかしげもなく聞けます。それは同じ志を持った経営者である医師で尚且つ利害関係が全く無いからできるのでしょう。見学会も刺激的ですが、飲み会は更に自分の人生の羅針盤の方向を決める上でとても大切です。翌朝のホテルから撮影した写真を掲載します。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

全国うまいもの祭り

昔、徳山に近鉄松下というデパートがありましたが、平成の不況で駅前のお店はシャッターが閉まり地区唯一のデパートも閉店して既に5年以上が経過しています。どこのデパートでも最上階に催し会場というスペースがありそこでいろいろな展示会が定期的に開催されます。その目玉は何といっても全国うまいもの祭りでした。絵画や高級カバンや装飾品などは興味が無ければ足を運びませんでしたが、食に関しては誰でもついつい行ってしまいます。地元にデパートがあった頃はたまに出かけていました。しかしデパートがあればいつでも行けると思って逆に行かないことの方が多かったと今になって思います。閉店して初めてそのデパートの偉大さが分かりますが後の祭りです。この5年以上は全国うまいもの祭りなどというフレーズも地元のチラシや広告にあまり見ませんので忘れかけていました。

夏休みが終わって子供たちが皆いなくなるといつもの通り家の中はガランと広く感じてとても静かになり少し寂しくなります。それは家内も同じ気持ちでたまたま山口市の井筒屋で北海道うまいもの祭りが開催されると新聞の広告に入ってきましたので「たまには行ってみるか」と意見が一致して8月の下旬に行きました。私は個人的には札幌味噌ラーメンが好きですので開催場でラーメンを食べました。また北海道だけでなく全国の美味しいものも同時に売られていますので見て試食してついつい気に入ってたくさん買ってしまいます。それでも限られた時間と空間の中でしか生活していない我々にとっては結構な息抜きと娯楽になることを再認識しました。所詮、人間は食欲には勝てないということでしょうか。そこでいろいろと買い込みますが、ものの2週間もすれば全て食べ尽くしてしまいます。敵もさることながら1か月もすれば次の京都うまいもの祭りを開催するというチラシを入れてきます。マーケット戦略に思いっきり乗っかってしまいましたが、それはそれで美味しい物に釣られて各地から集まってきます。うちの場合は木曜の午後が休診ですのでその時間を利用して行きますが、その時間帯はお客さんがそんなに多くないのでゆっくりと見ることができます。先日の新規個別指導の時も開催されていましたので指導が終了してからものの10分で会場に着きますので、よくがんばったというご褒美を兼ねてラーメンと親子丼ぶりを食べました。よく女性がストレス発散で美味しい物を食べに行くという気持ちが少しは理解できたような気がします。

10月までに月1回で三回も行って山口市のためにお金を落としてきました。本当は周南市でお金を落とさなければいけないのですが、地元ではなかなか落とすところがありませんし、特に最近は飲食業が地元では不振で私の贔屓にしていた新南陽のお店が2軒立て続けに閉店してしまいまた新しく開拓しなければなりません。都会ではバブルで好景気と言われていますが、地方は決して景気がよいとは思えません。その中でのちょっとした楽しみがうまいもの祭りで11月も再び大北海道祭りがありましたので行ってきました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

父母会のついでに学会?

2週間前に学会で上京しましたが、今回も東京で学会があり同じ日に大学の父母会がありましたので参加してきました。最初は上京自体考えていませんでしたが、学会の掛け持ちでならこれ幸いと考えての父母会の出席です。親バカとして子供の催しに参加できるのも残り数年になってきました。それならばつまらない学会のみにお金を使うくらいなら子供のためという大義名分で子供の学校行事に参加することはよっぽどマシではないかと最近は思っています。また参加すれば知った人に会えるかどうかはわかりませんが、一期一会の出会いもあります。その出会いがもしかすればこれからの一生を変える出会いになるかもしれません。そんなことは1mmもないかもしれませんが、それでも何かしらの期待もあっての参加です。今回は15時からの学年主催の懇談会の開始には間に合いませんが、それでも13時の山口宇部空港発のANAに乗って懇談会の途中に新宿御苑キャンパスに滑り込みです。今回の私の出席の目的は学年懇談会ではなくその後の父母会懇親会です。なぜならその懇親会には1年から6年の学生の父母が集う会ですのでいろいろな意味で価値があります。同学年の情報や上の学年の情報など多種多彩です。そして何よりも前回入学式で偶然にも同級生とバッタリ遭遇したように偶然に過去の扉がいきなり開かれることもあるのです。全く年代も異なるのにただ同じ大学を卒業したというだけで世の中の他人より遥かに強い絆を一瞬にして結ぶことができるかもしれません。翌日は予定通り単位を取るために学会に出席予定です。

実際に懇親会に参加してやっぱりいろいろな人と出会えました。次回に会って飯を食うなんてことはありませんが、それでも本日1日限定でOKです。田舎にずっといるとそれはそれで心地良いのですが、世の中の流れから取り残されたような気がします。地方にずっと在住されている方には失礼かもしれませんが、腐っても東京で日本の首都です。昔は東京なんてと否定的に捉える時期もありました。でも今は違って肯定する東京です。それは長女、長男が上京して再び大都会東京をこの歳になって地方と比較しながら冷静に眺められるからだと思います。ですから長女と長男に感謝しなければなりません。ですから次男にも都会の空気を上の二人と同じように吸わせてやりたいと思っています。

今回も学会のついでに父母会の出席ですが、来年も可能なら父母会に参加したいと思っています。また上京すれば都会にはあって田舎にはない物を見せつけられます。田舎では普通と思うことが都会では非常識、一方で都会の常識と思われていることが田舎では信じられない事象のこともたくさんあります。都会と田舎のギャップを知る事こそ都会には勝てないと思っている田舎が都会に張り合うことができます。勝ち負けなんてどうでも良い事ですが、それでも子供たちが都会にいる限り自分も田舎から都会に出ていろいろな事を吸収したいと思っています。今回の写真は学生寮の屋上から都心を眺めました。天皇陛下のパレード当日は快晴で清々しい秋の1日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
カテゴリー: 未分類 | コメントする

カルテのIT化も大変

当院では2003年から電子カルテを使用していますが、ウィンドウズがバージョンアップすれば電子カルテの動作環境も新しく変更しなくてはなりません。今回はウィンドウズ7から10に変更せずに頑張ってきましたが、今年中にウィンドウズ7のサポートが打ち切りになるためとうとう耐え切れずにこの10月に買い替えをして第4世代に突入しました。昔から車と電子機器は目まぐるしくモデルチェンジをしていきます。車のモデルチェンジに対しては批判的でしたので、必ず10年近く乗って車検が2年ごとになる頃でも愛車は十分乗れるのですが、経費や走行距離を考えて買い替えをしています。この7月にマーチを買い替えましたが、その前のマーチも10年乗って6万kmしか走行していませんのでまだまだ十分乗れました。しかし車検やスタッドレスタイヤの買い替えなどの諸経費を考えてのことです。10年でおよそ100万円強ですので月1万円弱の経費+ガソリン代5000円といったところでしょうか。それくらいの値段なら十分元を取った気がします。一方で電子カルテの場合は粘って今回は7年もたせましたが、車以上に時代の回転が速く普通なら5年程度の買い替えとなります。仕事で1日中使用してコンピューター内のソフトからハードまでかなり酷使していますので仕方ないかもしれませんが、計算すると年100万円といったところで車の10倍のコストになります。

電子カルテは金食い虫ですが、食い扶持に繋がる私の大切な相棒です。そして人間よりも素直な反面、融通は利かず私より遥かに頑固な性格です。機械と人間どちらがコストパフォーマンスがよいかという質問に昔は「人間」と答えていましたが、最近はボイス機能も加わりマイクに向かって喋ればほぼ完璧に医学用語を入力してくれます。もし万一仕事中に電子機器がへそを曲げてしまったら全てストップしますので、台風など来て停電になった時の事を考えるとぞっとします。また一度その電子カルテに依存すると結婚と同じようになかなか他メーカーの電子カルテには乗り替えることができません。なぜなら過去のデータを全て移行して保存しないと医療法上違法となるからです。昨今は結婚しても離婚は簡単にできるようですが、電子カルテ離婚は人間以上に離婚は困難なのです。その理由もあってか、電子カルテ業者も強気でなかなか価格を下げません。勿論カルテ業者の開発費や人件費などを含めると仕方ない面もあるのですが、最近は格安の電子カルテが出現してきて、コンピューター知識に強い医師なら低価格の電子カルテの乗り換えも可能です。15年前に電子カルテが出た頃は「コンピューター触れます」という人間自体が少なかったので我々世代が最先端で電子カルテを導入したのですが、時が流れて我々世代もかなり陳腐化して頭も固くなり融通が利かなくなってきました。スマホが出現して昔のガラケーに戻れないのと一緒で、これからも診療所を続ける限り電子カルテと心中しなければなりません。あと電子カルテ更新を何回しなければならないかと思うと溜息が出ますが、患者さんファーストの時代にはなくてはならない相棒には間違いありません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする