長い長い年末年始

本日は皆様にご報告をしなければなりません。半年余りの闘病生活の末、平成31110日に私の父が亡くなりました。以前から状態は悪かったのですが、超低空安定飛行でどうにか飛行を続けていましたが、先月末の天皇参賀の上京から帰ってきた翌日の早朝に電話で父が危篤状態になったのが1225日でした。奇しくもその日は父の90歳の誕生日でした。それまでも超低空飛行で危なっかしい時期もありましたが、やはり昭和一桁生まれは強いという一言に尽きます。ほぼ意識の遠のいた父もせめて自分の誕生日までは頑張りたかったのかもしれません。

それから長い長い年末年始が始まります。最初は数日で年末くらいには結果が出るだろうと思っていましたが、1日、2日と経過して大晦日までにはと思いながら年越しです。せめて元旦だけは避けてほしいと思っていましたが、早13日に突入です。最初の頃は脈拍が1分間に80から90回打っていましたが、過去の経験から危篤状態に陥るとおよそ48時間で脈拍が落ち始めて血圧も上が80mmHgを切り始めて脈拍が60台になるといきなり心臓が止まってしまいます。過去に多くの患者さんを見取りましたし、自分の祖母が亡くなった時も同じパターンでしたが、今回は危篤状態宣言から早8日目に突入です。その間交代で泊まり込みもしましたが、皆体力や体調維持の限界にきまして大晦日の夜は父には悪かったのですが、皆それぞれ帰宅して休ませてもらいました。またこのような状況で年末年始が過ぎていきましたので、毎日が長いような短いようなおめでたいやらそうでないやら何となく訳のわからない混乱した1週間でした。私の過去の経験からこれ程長く引っ張られたのは初めてで余程父はまだこの世に未練があったのかもしれません。しかし生きるものは必ず死を迎えるというのも事実でいろいろ考えさせられました。また少し不謹慎ですが、暦の上で友引などの日取りもついつい考えてしまいます。正月明けの仕事の予定や通夜や本葬などの日程も知らず知らずのうちに意識してしまいます。自分の性格なのか日本人はほぼ皆同じなのかはわかりませんが、家族が危篤状態に陥るとついつい次の儀式の日程が気になります。そんな事を気にせずになるようになるさと思える性格が一番幸せなのでしょうがなかなか難しいものです。

そして父が亡くなり通夜や葬儀をして一段落つきましたが、まだなんとなく宙に浮いたような気分です。自分としては仕事をしながら平常でいるつもりなのですが、実際は諸手続きの実務などもありまだ通常モードに戻っていません。本当に落ち着くのは49日が過ぎてからでその頃になるといろいろと過去を振り返って思うことが出てくるのではないかと思います。また丁度長男は現在受験戦争の真只中ですので、それはそれで頭の中では別の場所で電気回路がショートしながら動いています。ただ父の葬儀を見ているとたくさんの方に見送っていただき父の人生90年は良かったのだと思っております。この場をお借りしまして御礼申し上げたいと思います。誠にありがとうございました。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

私の知らない東京

前回はフェルメール鑑賞までお話しましたが、その日はもう一つの目玉靖国神社参拝をしてきました。これも次男が上京したら是非行きたい場所でした。次男は学校では理数系よりも社会が得意です。理数系の得意な私からすれば日本史、世界史など高校時代は全て暗記科目に思えて大嫌いでした。しかし歳を重ねるごとに歴史でも特に日本史の重要性は身に染みて感じています。なぜなら自分の母国の歴史を知らないで黒船たちと戦うことはできないからです。母国語をしっかり読めて話せて書けることは日本人として大切なことは言うまでもありませんが、現在の混沌とした世界情勢の中では、北方領土、竹島そして尖閣諸島問題などまずしっかりとした日本史を義務教育で教えないと結局は中国や韓国やロシアにしてやられます。これからも簡単に解決できない問題ですが、知らないでは済みません。今回の靖国神社も戦後史からみれば非常に重要で複雑な問題が絡んでいることに間違いありません。ですから一国の総理大臣が参拝するかどうかで外交問題にまで発展してしまうのです。私も社会は不得意ですので靖国問題については不勉強で詳細はわかりませんが、大雑把な事はわかります。しかし「その大雑把な事さえ知らない若者がなんと多い事か!」とい事実を嘆きたくなることも事実です。次男は元来社会が好きでしたのでそのあたりは理解していたのでしょう。よって本日靖国参拝と相成ったわけです。靖国の大きな門を目の前にすると自然と背筋がピンと伸びてきます。どういう理由にせよ日本の為に命を捧げられた御霊に対しては敬うのは当然です。しかし世界共通の考え方ではありません。ですから史実だけでもしっかりと知らなければならないのです。

翌日には国立西洋美術館でルーベンス鑑賞をしました。これはフランダースの犬で出てきましたので、我々の世代は月曜の夜7時からのカルピス劇場で名前を知っている方は多いのではないかと思います。若い頃にルーブル美術館など行きましたが、ルーベンスの作品は結構観ていましたので今回もその宗教画を見ると若い頃を思い出してしまいます。最近CMでフランダースの犬のパロディをやっていますが、個人的にはパロディは好ましいと思っていません。その後は中野ブロードウエイに行きました。学生時代に阿佐ヶ谷に住んでいましたので近所ですが数回しか下車したことはありませんでした。現在はいろいろなレアものが集まる昭和の世界があるということを次男から聞いて初めて知りました。実際行くと本当に若い頃を思い出す品々が豊富でした。特に仮面ライダーのカード写真を私も当時集めまくっていましたので、もしそれらが現存していれば少々の小金持ちになるくらいの価値があることにはビックリしました。

私の知らない東京が30年の時を経て次世代の子供たちによって再現されてきました。当時もっとこんなことをしていればと思いますが当時はそのように思いません。何十年という人生経験をしてからその当時が再現されるのだと思います。これからも上京することは多々ありますので、私の知らない東京の再発見を楽しみたいと思います。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

平成31年幕開け

年も変わって平成31年になりました。今年もあと4か月弱です。昨年の最初で最後の平成天皇陛下と御対面について今回はお話したいと思います。平成301223日は朝からどんよりとした雲に覆われていました。事前の週間天気予報では雨でしたので降らないだけでもマシです。私は三者面談のため参賀に間に合わないかもしれませんでしたので、次男と長女は先に皇居に向かいましたが、山の手線の人身事故で予定より大幅に遅れます。東京駅を降りると丸の内口からはまっすぐに一本の大きな通りが皇居へと延びています。私たちが駅に到着するともう自然に人の流れが皇居へと向かっています。道に迷うことはなく悩まずに前の人の背中を見るだけでよいので楽です。皇居へ続く道すがらの景色をキョロキョロと周囲を見渡しながら歩いて行きます。初めて歩く道は目の前に皇居が見えていてもとても遠く感じます。昔の江戸城はとても大きかったのでしょう。長女に電話してお互いの現在地を確認して合流したいのですが、この人込みの流れでは押しのけて前へ進むことは困難です。午前中に3回の参賀がありますが、10時過ぎまでには並ばないと皇居に入って参賀できないと事前のネット検索で書いてありましたので正面の門を潜り抜けても気が気ではありません。延々と長い列が果てしなく前へと繋がっています。なんとか我々は1120分の最終参賀には間に合いそうですが予断を許しません。緊張の連続で皇居の中の広場までやって来ましたが、とても予定の1120分には入場できません。場内アナウンスが最終参賀は1150分に遅らせると流れます。今年の入場者は例年よりはるかに多いため参賀は予定通りにいかないようです。1130分にやっとのことで参賀の広場に到着で今か今かと固唾をのんで待ちますが小雨が降ってきます。1150分ちょうどに遥か彼方の透明のガラス越しに天皇陛下がお出ましになりました。周囲から「天皇陛下、万歳!」の掛け声がかかります。皆が小旗を振ります。スマホやカメラのシャッター音が鳴り響きます。平成最初で最後の参賀はものの10分で私の30年が駆け抜けました。

午後は次男が美術館に行きたいとの希望で上野に向かいました。上の森美術館のフェルメール展を事前に予約して鑑賞しました。絵画には全く興味が無いと勝手に思い込んでいた親としてはビックリです。文化や芸能などあらゆる面で都会は田舎と異なります。私は大学受験までは東京に出ませんでしたが、子供たちには少しでもいろいろな可能性や経験を積ませてやりたくできれば大学は東京に行かせてやりたいと思っています。東京を肌で感じることによってその良い面と悪い面を知ることが井の中の蛙にならずに、将来必ず田舎の良さもわかるのです。私はフェルメールの名前しか知りませんでしたが、鑑賞すると観たことのある絵もかなりありました。「なぜフェルメール鑑賞をしたのか?」と次男に聞くと「美術の先生が冬休みに上京するなら必ずフェルメールを観た方が良い」と授業で言われたそうです。「なんだ、そういうことか」と思いましたが、それでも観たいと思った次男を褒めてやりたいと思います。明日は隣の美術館でルーベンス鑑賞です。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

平成30年も終わります

今年最後のブログとなりましたので毎年恒例の歳末放談です。今年はなんといっても平成最後の大晦日です。元号が変わるのは30年ぶりで前回の時は研修医1年目の正月明けのバイト先で新元号を迎えました。昭和天皇の崩御でいきなり平成という元号を当時の小渕官房長官がテレビの前で発表されたのが昨日のようです。今回はあらかじめ新元号が発表される予定ですが、それでもいろいろと気忙しい1年になります。今年のゆく年くる年はテレビの前で嫌がおうにも感慨深くさせてくれることでしょう。

今年の最大のイベントは5月に院長交代という継承をしたことです。高齢の院長である父から当初は10月に継承する予定で事を進めていましたが、体調不良で入院したため急遽5月下旬という中途半端な時期に交代となってしまいました。少しずつ準備をしていましたのでスムーズに継承はできたのですが、それでもやることなすこと全ての手続きが初めてですのでいろいろとトラブルもありました。しかしどうにか家族やスタッフの助けを借りながら乗り切れたことで半年を経過した現在でやっとほっとしています。またおかげさまで体調不良の父も悪いながら低空飛行ですが安定して現在も入院中です。5月に急に体調を崩した時は父の容態よりも診療所存続させるためのお役所手続の方でテンパってしまいました。人の生き死によりもお役所手続の方に心配がいくなんて本末転倒のような気がしますが、日本のお役所はそれくらいの融通のきかない所なのでしょう。これからも末永く医療を細々と継承していくつもりです。

大きな出来事はそれのみで次の出来事といえば長男が浪人しましたので自分の心の中の気持ちとしては喪中のような感じです。早く年明けの入試で結果を出して喪が明けてほしいと思っていますが、こればっかりは相手のある事なのでどうにもなりません。まだまだ3月までは気忙しさが続きそうです。個人的には昨年の12月初めにいろいろな思いが重なり高校の数学、物理、化学を勉強することになり先月の11月までに一応1周目を終了させたことでしょうか。勿論試験問題として出題されても解けるほどの実力はありませんが、例題レベルなら解答を読めば理解でき子供に教えられるレベルまで引き上げたという感じです。それでも勉強しているとただ単にその内容を理解できるだけでなく、世の中のしくみと密接に関わっている事象がたくさん存在していることに改めて気づかされました。初めて勉強する時にはなんでこんな役立たずの事を勉強しなければいけないのだろうかと疑問に思うことがよくあります。しかしある程度いろいろな人生経験をした上で再びその勉強をすると過去には見えなかったものが見えてくることもよくあります。たまたま若かりし高校時代になんでこんなつまらない事をやらせるのかと思っていただけなのです。それは現在の立場でも同じように当てはまるのかもしれません。来年の歳末法放談は新しい元号の元での新たな一歩を踏み出してたくさんの素晴らしい経験をしてまたこの場でお話したいと思います。さらば平成!

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

平成最後の天皇誕生日

1222日から次男は冬休みで帰省してきます。長男も長女も東京にいますので次男も必然的に東京に憧れをもちます。10月に次男は何を血迷ったかいきなり今の学校をやめて東京の高校に行きたいと言い出しました。流石に目が点になってかなり言い争いになりましたが、2週間でその考えも撤回しました。未だにどうしてそのような考えに至ったのかその理由を知りたいのですが、再びお互いの心の混乱を導きたくないので敢えて次男とこの会話をしていません。恐らくは長男同様に過去の経験からいわゆる中3病で思春期の感冒症状と思っています。そんな背景もありまた長男の受験校の決定のための最終三者面談のために上京しなければなりませんでしたので、次男の鬱憤解消も含めて冬休みの最初に上京することにしました。長男の受験最終コーナーで家族揃って夕食を共にして長男を激励する意味もあります。4年前には大晦日に浪人中の長女を激励するために家族で小倉に行って皆で昼食を共にしました。ある種の願掛けのようなものです。せっかく天皇誕生日を挟んで上京するので、今回は皇居で天皇陛下の誕生参賀詣での予定でこちらの面談時間に次男は一人で皇居に向かわせて後で合流する予定にしていますが、今年は平成最後の天皇誕生日ということで例年よりもかなり多い参賀者で列の先頭は遥か彼方で見えないかもしれません。私は大学時代に東京に住んでいましたが、一度も皇居に行ったことがありませんでした。当時は若くて心の余裕もなく天皇陛下を敬うような気持ちにもならなかったのかもしれません。またいつかは行けると思っていたのかもしれません。いつかなどという思いは過去の経験からすると必ず嘘になります。ですから今回の気持ちは大切にしていざ決行となったわけです。

妻は前日に長男の世話を焼きに上京済で私は新幹線で22日土曜の午後に上京です。次男は一人で福岡空港から羽田経由で長女と長男と渋谷で待ち合わせです。特に次男は早くから自立させていましたので一人で飛行機に乗るなんて朝飯前です。お頭は別として生きていく上では一番次男が雑草の如く行動力がありますがそれでも15歳です。今回の件のような思春期の風邪症状もありますので注意して見守らなければなりません。到着日は折しも3連休でクリスマス前の真只中です。それでもどうにか東京在住の長女にレストランの予約をさせて翌月に控えた長男の受験の最終エール交換の予定です。先日の電話でも長男はいつもの通り試験1か月前にもかかわらずいたって平静を装っています。過去にその偽りの仮面で我々は何度も騙されてきましたので今回はこちらから先手を打った次第です。この数時間が長男にとって何倍にも増幅して結果として帰ってくれば儲けものです。長女もバイトを休んで付き合う予定です。この4月から半年以上も家族5人で食事をしたことはありません。そういう意味ではほんの僅かな時間ですがとても貴重な時間です。私は私で今回は三者面談の緊張もありますが、それ以上に皆が揃うことをとても楽しみにしています。天皇誕生参賀など詳細は次回をお楽しみに。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする