数学と物理と化学は実社会にいかに関わっているか?

高校数学と物理を自分の今までの経験と知識を駆使して頑張ってきましたが、その根本的な違いについてやっと見えてきました。数学は決まった公式、つまり実社会で言えば法律ですが、そのルールの中でいかに論理的に且つ最短のルートで問題を処理して進めるかを学ぶ学問です。そこには計算という単純な作業が含まれています。いかに優れた論理を構成できても途中経過の単純作業も見逃せないのです。一方で物理はこの世の中の現象を物質から見てその本質をいかに論理化して法則を導き一般化する学問です。ですから数学と異なり単純作業である面倒くさい計算は必要なく単なる文字や記号で表現されます。言われてみればその通りなのですが、その普遍的なルールを見出すまでに10歳から始まった義務教育や大学までの高等教育では到底間に合わず、一般社会の荒波に揉まれながら更に50歳という御年になって再び高校数学と物理を履修してその普遍性に気づくことができました。しかしその普遍性を見抜いてしまえばこれから先の数学や物理の勉学が更に楽しくなること間違いありません。歳を重ねるにしたがって計算などの単純作業は若い頃と比べると能力は極端に低下しました。計算ミスは勿論の事ですが、それ以前に面倒くさそうな計算を見ると昔なら勇ましく立ち向かっていきましたが、今では戦う気力も起こらずに敵前逃亡をしてしまいます。こればかりは若い頭脳に勝つことはできません。

では高校化学はどんな学問なのでしょうか。今回の専攻が数学と物理でしたので化学の神髄を極めていません。実社会では医学という科学をずっとやって来た者として「科学」と「化学」は全く違うと肌で感じています。しかし「化学」いわゆる「ばけがく」は物理よりもはるかに実社会の身の回りに関係することが多く生きていく上で欠くことのできない学問です。誤解を恐れずに言えば、物理は宇宙から見た普遍性を論理的に考え、化学は地球上で生きていく上で役に立つ理論を構築して生物を含む有機質と無機質な静物の現象を捉える学問です。そして理科と言う普遍的な地球の上の社会でより良く生きるために数学と言う学問が存在するのではないかと現時点では自分の中で解釈しています。

では最終的に自分が得意でもあり好きな学問でもある数学とは一体なんなのかという課題に入りましょう。数学は理科の理論を計算などで証明するための手段ですが、同時に我々のレベルでは実社会で与えられた問題や推論を論理的に進めるための思考過程を学ぶための学問になります。数学に対して勘違いをしてほしくないことは、計算以外は役に立たないのではなく、対面した問題をいかに処理していくかという論理的思考を鍛える学問であって実社会で生きていく上で必要な学問です。そしてその後に国語や英語などの語学が続いて人と人との繋がりやコミュニケーションを学ばなければなりません。社会は極論すれば人類の過ちをしっかりと検証する学問でしょうか。受験科目には理系と文系が分かれていますが、このような大きな見地から見ればそのような区別が子供の将来に本当に必要なのか疑問を感じています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

上京は2年半ぶり

最後に東京に行ったのはいつか忘れてしまいました。過去の記憶を辿っていくと確か最後は安倍元総理が学校を休校にして緊急事態宣言を発出する直前の3月でした。その頃から日本や世界の状況は大きく変わりました。2年半経過した現在でも新型コロナ騒動は終息していませんが、その間にワクチンを接種したり薬が使用できるようになったりしたおかげで以前ほど新型コロナに対するアレルギーは減少してきました。そして何よりも大きな変化は個人個人の新型コロナに対しての意識が変化してきたことです。以前ほどコロナに感染してもあまり恐れなくなり、2年以上も自粛を重ねてきた経験でしっかりと感染対策をとれば飲み会や旅行も可能となってきています。あとは各個人の考え方の違いでまだ自粛を続けている人もいますし、もう普通通りに外出している人も結構います。個人的には家内とたまに外食には出ますが、飲みにはほとんど行きません。また飲み会が絡んだ会合もまだ周囲には全然ありませんし、出ようとも思いません。個人的にもこの2年でかなり意識が変わり以前と同じように戻ることはもうないのではないかと思います。

しかしいつまでも外出しないわけにもいきませんので、政府も入国管理を緩和した折に所用で東京に2年半ぶりに行くことにしました。久しぶりに乗車した新幹線は8割方埋まっていました。やはり皆考えることは同じようです。しかし2年も乗っていないと車窓から見る景色が新鮮です。パソコンに向かって仕事やこのブログを書きながらもウキウキした気分での4時間の旅です。家内は子供たちの部屋掃除のため前日に上京しています。私は土曜の午前に仕事を終えてから出発して夜に皆で合流となります。今回、次男は予備校生のため自宅で留守番となり全員集合とはなりませんでしたが、長男のアルバイト先の居酒屋を予約して集合となりました。事前に地元の東洋美人を一升瓶で購入してお土産に持参しました。東京では獺祭よりも東洋美人の方が人気があります。長男も今日ばかりはバイトではなくお客さんとして飲みましたが、お店が忙しくなると自分たちの飲み物や簡単な食べ物は自分で奥まで調達してきます。その姿を見るにつけ以前と比較すれば本当に大人になったものだと年月の経過を感じます。道理で自分の髪の白髪が増えたのも納得いきます。束の間の楽しいひと時で、やはり家族の団欒は良いものです。その夜はドーミインに宿泊して翌日は早朝から私は所用でチェックアウトです。家内と長女も一緒に宿泊しましたが、翌日は別行動です。

所用では久しぶりに会う旧知のDrともこの2年間の新型コロナの対応や医療体制など話したいことは山積みです。山口の片田舎にいるとついつい世の中の考え方からどうしても遠ざかってしまいます。別に東京が凄いのでは決してありませんが、人が多いだけあっていろいろなものの見方や考え方に接することができます。この2年間はそのような機会に接することができませんでしたので、今回は貴重な上京となりました。夕方に家内と東京駅で待ち合わせて東京を後にしました。長女と長男の帰省はお盆でまだまだ先です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

知床遊覧船

連休前の華やかな気持ちがこの遊覧船の事故で一変しました。その後も行方不明者の捜索が続いていますが、まだ全員が見つかっていません。まずは亡くなられた犠牲者そしてご遺族にお悔やみを申し上げます。今回なぜこの話題を持ち出したかというと2年前のお盆に私達もこの知床遊覧船に実際に乗って知床岬を3時間かけて往復しましたので決して他人事には思えないのです。我々が乗船した夏の日の海は穏やかな凪でした。報道によれば2年前には現在の社長に交代していましたが、まだ当時のベテランの船長やスタッフが働かれていて辞める前だったようです。当時の実際に利用した一観光客としてはまさかこのような事故が起こるとはという思いしかありません。5月下旬に飽和潜水という特殊な技術を使用して探索をされましたが、新たな手掛かりはみつかりませんでした。少しでも早く行方不明者がご家族の元に帰れますように願っています。

当時の乗船した船は今回沈没した船よりは一回り大きく屋根の上に展望デッキがありそこに20人以上の方が座れるシートもありました。そしてライフジャケットもつけて船上から知床の自然を満喫しましたが、「仮に同じ状況になっていたら自分はどのような行動をとっただろう?」と自然と考えてしまうのです。夏の暑い中で海も凪ですので、もしそのような遭難状況に陥ったとしても岸からはほんの数百メートルの位置を航行していましたので泳ぎに達者な人はどうにかライフジャケットも身に着けていましたので海岸まで泳ぎ着けたかもしれません。一方で泳げない方や高齢者はそのような状況でもかなり困難な状況に陥ったと思います。しかし今回の連休前の海水温は5度前後で波もかなり高い状況ならば我々も無事とはいきません。そんな事を考えると他人事でなくなり気もそぞろになって心がわさわさしてくるのです。またスキューバダイビングの経験からも水面上に漂っている時に波を被って思いがけずに海水を飲んでしまうと泳ぎに達者であってもパニックになってしまいます。少しでも顔が水中に沈んでしまえば必死でもがいてもなかなかリカバリーできません。自然に逆らえば人間なんてちっぽけなものなのです。

報道では行政当局の認可の不備や地元の同業者の事故後の聞き取り調査で会社のずさんな経営や判断そして対応が指摘されています。いつもそうなのですが、必ず事故が起こってから色々な不備やずさんさが一気に表に出てきます。我々の医療業界を含めてどの業界でも内心では「あれはやりすぎでしょう」と思うことは多々あります。しかし何も起こっていない以上は文句やケチもつけられません。ネットで予約する旅行者はその会社がずさんな管理であるかどうかなんて見抜けるわけもありません。行政当局も申請書からだけでは実態は見抜けないことも多いでしょう。結局は最後に利用者が犠牲を払って初めて事態がつまびらかにされより良い方向に向かっていくのが世の常のようです。もっと利用者も含めて国民皆がルールを厳格に受け入れて不自由な世の中になればこのような犠牲者は減るのかもしれませんが、それは対極であって皆が受け入れることは不可能でしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

トップガン~36年の時を経て~

遥か遠い昔の1986年、大学生の私はたしか新宿のピカデリーという映画館で学校帰りの夜にトップガンを一人で観ました。そしてトップガンを見終えた時の記憶は今でも鮮明に残っています。ストーリーは単純明快で、大空を駆け抜ける戦闘機のアクションシーンは鮮烈でした。それ以降ずっと続編が出ることを信じて30年の歳をとってしまったというオールドファンも多いのではないかと思います。トム・クルーズの作品はミッション・インポシブルなど数多くのヒット作が存在しますが、彼をトップスターへ押し上げた階段の原点はトップガンだと思います。現在のネットの仮想空間では世界中を簡単に行き来でき、テレビ媒体などは以前と比較すればかなり様変わりしました。しかしネット媒体で映像がいくら手軽に入手できるようになった現在でも映画館で鑑賞する映画自体が廃れることはありません。寧ろネット中心のデジタル中心の世の中だからこそたまにはノスタルジックなアナログの世界に戻りたくなります。あの大画面と大音量で視覚と聴覚に突き刺さるような刺激を堪能できるほんの数時間は、現実から心は離れて自由に大空を飛び回ることができます。昔、かの有名な映画コメンテーターが「映画って本当にいいもんですね」というフレーズをついつい思い出してしまいます。

トップガン公開から10年後の1996年にアメリカの学会で発表する機会があり、トップガンの聖地であるサンディエゴに滞在しました。ミラマー基地などのロケ地を見て回りたかったのですが時間が取れませんでしたので、映画の最後の有名な酒場のジュークボックスのシーンを撮影したカンザスシティレストランを見学して本物を見た瞬間は鳥肌が立ちました。そこにはトップガンの名シーンの写真なども貼ってあり楽しいひと時を過ごして自分のお土産にトップガンキャップを購入しました。その頃よりいつになれば続編が出るのかを楽しみにして更に25年が経過します。そしてついに2020年5月にトップガン・マーヴェリックが公開予定でしたが、新型コロナの影響で更に2年先送りになりました。そしてやっとの思いで36年の時を経て映画館にたどり着きました。そんな思い入れの中で、公開初日は所用で行けずに3日目の日曜の夜にムービックス周南に行きました。パンフレットも欲しかったのですが、早々に売り切れでした。日曜の夜ということもあって客席は3割程度で広々とした雰囲気で陶酔できました。

お馴染みのノスタルジックな映像からいきなりデンジャーゾーンが鳴り響き一気にボルテージが上がります。昔の映画を何度も繰り返して観ているオールドファンにとっては36年前に映画館で観た時の多くのシーンが重なり合います。また最新の映像技術を駆使しながらも体を張った戦闘機の操縦シーンは見応えがあります。私は映画のコアなファンではありませんが、トップガンだけは私にとって青春時代を共に駆け抜けた映画なのです。見終えた後も余韻が残って今と昔のまだら模様が続きます。新型コロナが終息したら再び聖地へ巡礼の旅に出るのも悪くはないなと思いながらもなかなか眠りにつけませんでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

少しは馴染んできた予備校生活

次男が広島の予備校に通い始めてから早2ヶ月が経過しようとしています。毎朝8時に自宅を自転車で出発して在来線と新幹線に乗り継ぎ最短で65分で予備校に到着します。なぜわかるかと言うと最近はどこの予備校も入館と退館時に自分の学生IDをかざすと即座にその情報がネット経由で自らのPCに送られてきます。そのため自分が仕事中でも「何時何分に入館しました」とメールを見て「無事に到着したのだ」と分かる仕組みになっているのです。ひと昔前と比べれば便利になったものです。また授業を終えた後も自習室に残って全て予備校で勉強を終わらせて帰宅しますので、帰宅時間は毎夜10時を過ぎ、帰宅後は食事と入浴とほんの1時間程度の自由時間でネットなど楽しんでいます。昨年の今頃と比べたら同じ受験生でも雲泥の差です。学校では授業もまだ受験範囲さえ終了していませんでしたし、受験に関係ない授業も受けなければなりませんでした。そして定期試験や模試も受けていましたので、余裕なんてあるはずもありません。一方で今年は全て授業が一応終了した状況での浪人生活への突入ですので現役生に比べれば有利に決まっています。しかしそれも夏頃までで秋になるとグンと現役生が伸びてきますので夏までにできるだけ頭の皴を伸ばしておかなければなりません。そして受験の天王山である夏まであと1ヶ月といった頃が現在の6 月なのです。第1回目の模試の結果も出ましたが、相変わらずで「本当に大丈夫か?」という不安しかありません。

先日、夏期講習についてのお知らせがありました。通常なら全て込みの値段で1年分の予備校の授業料を払ったつもりでしたが、相手もしたたかで別途追加料金で「弱点補強」とか「実力強化」など多彩な文句で誘惑してきます。子供も初めてなら親も初めてです。上の二人も予備校に行きましたが、行った予備校が次男と異なり割高でしたが、全て込みの予備校でしたので、途中でお金について悩むことはありませんでした。そして巧みな言葉に踊らされてはいけないと思いながらも、結局は親バカで「一浪で終わりにするならここはケチってはいけない」と予備校側の魂胆に乗ってしまいます。7月中旬から8月下旬までの2ヶ月弱で一気に追い込みをかけなければなりません。また夏期講習前に三者面談もあり更に親子ともども精神的に追い込まれていきます。

まだ最終的には決めていませんが、次男の場合は昨年同様に9月下旬から他の受験生とは異なり推薦入試が始まります。そして11月には本試験もありますので、予備校の夏期講習や9月から12月までの授業にはなかなか馴染むことができません。そのためにこの夏休みの天王山をいかにして乗り切るかがとても重要になってくるのです。昨年の失敗を教訓にして今年はいかにすべきかをあらかた決めているのですが、それが正しいかどうかは合格通知でしか証明できません。そのためにもこの数ヶ月が特に今年の受験には非常に大切な時期になります。受験なんて過ぎ去れば良き経験になりますが、全ての受験生が思い通りにはなりませんのでやはり辛いものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする