気管切開と胃瘻について

高齢化社会を迎えて寿命が延びるとどうしても病気が増えます。昔なら「畳の上で死ねれば本望」と言っていましたが、今では医学の進歩で昔なら助かるはずもない命が助かってしまいます。それが良いことか悪いことかは私にはわかりませんが、目の前に死にかけた人をみたら素人でも助けなければいけないと思うでしょう。玄人からすればそれが結果的に将来本人と家族にとって良いことに繋がるとは限りません。高齢者が増えて医療費が上がり国は病院から自宅へと盛んに訴えています。20年前の医療レベルとは隔世の感がありますが、その当時すでに現在の予測はついていたはずなのにいつの間にか2020年に突入です。また一方で一般人にとっては今を精一杯生きることしかできません。20年前に胃瘻が開発されましたが、簡単に言えば口や血管から栄養を入れずに直接胃に管を通して栄養を送る技術です。当時の医療者は患者さんの家族の希望で延命のみの目的であっても胃瘻を造設せざるをえませんでした。その行為が現在では疑問視されて延命のみでは胃瘻は施行されません。それよりもっと前から気管切開はありました。呼吸停止した患者さんに一刻も早く脳に酸素を送り届けないと脳死になりますので気管にチューブを挿入して人工呼吸器につないで一命をとり止める処置を気管挿管と言います。その行為自体には異論はないのですが、その後自分の力で呼吸できない患者さんはいつまでもチューブを気管に挿入できないので、気管に穴をあけて管を装着して引き続き人工呼吸器に繋げなければなりません。そこまでは仕方ないことなのですが、一度人工呼吸器を繋げてしまうといくら家族の願いで人工呼吸器を外してほしいと請われてもはずせません。なぜならそのような行為をすると逆に医療者側が殺人罪に問われる可能性もあるからです。かつて医師がそういう行為を行い裁判になって社会的関心を集めたこともありました。そのような矛盾と相反するかのように医療の進歩を見てきた自分としては複雑な思いもあります。第三者の立場からは冷静に物事を言えますが、いざ身内に起これば気持ちが揺らぐかもしれません。しかしそれは誰しも自分自身にふりかかってこないと考える事はほとんどありません。

今回自分の父がそのような状況になりました。過去の経験から延命は困難と私は判断しましたが、正しいかどうかはわかりません。また延命措置に関して一個人の意見を押し通すこともできません。多数決で決めることもありますが、このような繊細な問題の場合は全会一致が大原則です。そうしないと医療者側が困ってしまいます。意見の相違があった場合は自分の意見を封印して他者の意見を優先させて意見をまとめて全会一致にするということになります。それが本当にいいことかどうかわかりません。更に何十年後に周囲があれは正しかったとか間違いだったと判断するかもしれません。しかし現在進行形での判断は困難で、当時の判断が皆の気持ちを考慮すれば最善の策だったのかもしれません。延命治療に関する正解はありません。これからもっともっと高齢者が増えていきます。できれば誰しもこのような難しい判断は避けて通りたいのが本音です。

カテゴリー: 医療のこと, 日常のこと | コメントする

早咲き桜咲く!

先週で国立大学の前期試験も終わりました。今週から合格発表が始まります。私立大学は一足先にほぼ合格発表が終了して、一部の私立と国立の後期試験を残して今年の受験戦争も桜のつぼみが膨らんで開花する頃には全て終了します。この1年は長男にとっても私にとっても長い道のりでした。思い出せば昨年の2月中旬にはセンター撃沈されて私立大学も全て一次試験不合格となり、一部の後期試験に一縷の望みを託すものの同時に日帰りで長男と一緒に東京の予備校見学と相談に行きました。当日は快晴で新幹線の車窓から富士山の雪が今年と違って綺麗に見えたのは今でもはっきり覚えています。その時の気持ちを決して忘れないようにと自宅のPCにその写真を背景画面にしてこの1年間ずっと見つめてきました。今もその画面をバックにこの文章を書いています。

昨年田舎者の長男を予備校に行かせるのに最初は広島か博多と決めていました。何かあればすぐに新幹線で会いに行ける距離というのが最も大きな理由でした。勿論、寮で自宅通学ではありませんので実際には自分の仕事や予備校の時間的制約から簡単に「いざ、今から」とは行けないのはわかっています。「気持ちと実際の距離のギャップ」があまり乖離してなかったのです。長女は小倉の予備校に行き1年間で1回ほど1週間のリフレッシュ帰省がありましたが、それを除くと進路指導の面談を含めて23回程度しか小倉には行きませんでした。結局は「気持ちと実際の距離のギャップ」は最初に思っていたほど重要な因子ではなかったのですが、当時はその事実に気づきませんでした。しかし今回は「長男と私の予備校に対する基本的な考え方のギャップ」があり、その相違を埋めることの方が「気持ちと実際の距離のギャップ」よりも困難でした。そのため昨年の今頃は受験中の長男とそのギャップを埋めるべく何回も電話で話しました。当然、長男は広島の高校寮にも関わらず何回も会えませんでした。そのギャップの最終的な答えは「気持ちと実際の距離のギャップの乖離」はあくまでも個人の感覚的なものであり実際とは異なるという結論に達したのです。そこまで答えが出ればあとは簡単です。日本中のどこの予備校にでも行けるわけです。すると「長男と私との譲れない部分と妥協できる部分」をしっかりと洗い出して東京の予備校の寮でも良いという最終結論に到達しましたので日帰りで東京に行き予備校見学と面談をして即決しました。東京は都会だからという理由は現在のSNSでは日本どこでも一緒ですし、繁華街なら広島や博多にもあります。結局は「本人が納得してどれだけ自分の夢を追いかけることができる環境」を提供できるかであり、「気持ちと実際の距離のギャップ」はあまり関係なかったのです。これはとても大きな収穫でした。また「都会は物価や家賃が高いから」と言われてそれは最もですが、最適の環境で最短で目的地に到着することの方が翌年に再び浪人してしまうくらいなら自ずと答えは出てきます。

2019216日の午前11時に早桜が咲きました。一瞬、全身の力が抜けました。しかしまだソメイヨシノが満開になるまでにはもう少し時間がかかりそうです。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

親は子供の応援団長

子供の運動会を参観して応援合戦がありました。各団とも一丸となって応援します。どこの学校の応援団でも毎年運動会前より放課後を利用して応援団長を先頭に皆で必死に練習して本番を迎えます。特に次男の中学では応援団長は成績優秀で皆の模範になるような生徒しか団長になれないようです。また次年度の応援団に入る為にはそれなりの個人的なアピールは勿論の事、周囲からの推薦も必要なことがあるようです。たかが団長されど団長です。それでは「子供の応援団長は?」と聞かれれば間違いなく親でしょう。それに異論ありません。スポーツ選手ではイチロー選手の父親が有名です。そして大昔に遡れば星飛雄馬でしょうか?星一徹もスパルタで非常に厳しく子供を育てました。しかしその秘めた胸の奥には子供に注がれる愛情もありました。子供はいつまでたっても子供で、親は応援団長を務めます。応援団長の引退式は子供が成人して社会人になって自立した時かもしれません。それまでは親も子供と一緒に走り続けなければなりません。走る時は「まだ一緒に走り続けるの?」と嫌気がさしてきますが、はるか向こうにゴールが見えてくると一抹の寂しさを感じ始めます。半分は嬉しいような半分は寂しいような複雑な気持ちです。

うちの長女は大学3年生でもう少しでゴールが見えてきました。長男は予備校生で今年大学に入れば最終コーナーに突入でゴールが見えてきます。次男は運動会の応援団のようにまだまだ先が見えません。学校の成績はどうかとか寮ではしっかりやっているかなど不安なことが湧いてきます。そして少しでも良い成績をとり運動会の徒競走で速く走れば一緒に喜びますし、試験の成績が悪いと自分の事のように落ち込み一心同体です。そして一番しっかりしているからと中学から寮に入れた次男ですが、やはり男の子でそろそろ中2病に罹患したようです。中2病とは巷での病名ですが、中高一貫校だと高校受験がないため普通なら中3の今頃は受験一色で悩みようがないのですが、中2~中3にかけて少しだらける時期が来て受験もないので更に悪化して特に反抗期の男子に多いように思えます。長男は中2から中3にかけてかなり道を逸れかけましたが、どうにか軌道修正して現在に至ります。そのような過去の貴重な経験がありますので、今回の次男の中2病もよくあることと高をくくっていますがそれでも応援団長としては気が気ではありません。次男はしっかりしていると思っていたのにでは通用しないのです。

そんな時こそ応援団長がどんと構えてゆるぎないように見せなければなりません。しかし心の中では過去に経験してきたとはいえやはり子供の一挙手一投足が気になりますし、もし道を踏み外したらと要らぬことを考えてしまいます。それを長女と長男に話したらそんな事あって当たり前で見守ってやればいいとの答えです。答えはその通りですが、当人はなかなかそこまではわかりません。数年後には同じように笑って話すことができるのでしょうが、今は緊張感が漂っています。応援団長をするにはいろいろな事が起こります。それをひとつひとつ丁寧に乗り越えていかなければなりません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

記念の400回とこの1か月の目まぐるしさ

今回は約8年前から始めたこのブログが400回目を迎えました。目標の1000回にはまだまだ道半ばです。この間にいろいろな出来事がありましたが、過去のブログを読み返してみると昨日のことのように思い出されます。400回も書いたのかと感慨深くなりますが、それでもまだ600回も残っています。これからもよろしくお願いします。

今回は400回記念で過去からの回想を書こうと思っていましたが、この1か月で目まぐるしく私の人生が変わっていきそうですので急遽この1か月の回想に変更します。まず年明け早々父が亡くなり「日本のお役所は!」と疑問を抱きながら毎週木曜の午後は金融機関やお役所巡りで1カ月経過しましがまだ手続きは終わりません。公的機関は土日が休みで通常は私も仕事でなかなか時間が割けません。唯一の木曜午後に手続きを集中させています。本来なら母がすべきことなのですが、母も体調を崩していて私とかみさんで巡っています。また今回の葬儀には子供達は出席させませんでした。勿論、孫も出席できればそれにこしたことはありませんが、状況が困難ならば仕方ありません。今回は特に日程的に最悪で、長女は学年末の後期試験の最中で忌引きは認められるかもしれませんが、敢えて進級に不利になる可能性も否定できず葬儀の参列を断念しました。また長男はセンター試験1週間前で東京にいます。葬儀に参列は可能でしたが、インフルエンザの大流行で体調管理やそれ以上にセンター試験への精神的な緊張感の途切れを最も心配しましたので参列させませんでした。それなら亡くなった事自体を知らせることが良い事かどうかもわかりません。結局長女には1月下旬の後期試験が終了した後に訃報を知らせ、長男には2月中旬にこの文章を書いている現在にも知らせていません。しかし長男も薄々は気付いているかもしれませんが、敢えてお互いにその会話には触れません。長女にも長男にも帰省したときにはいつも「父とはこれで最後かもしれないから最後のお別れをして出発しなさい」と繰り返して言ってきましたので、上京する時はその覚悟をして出発して行きました。次男は唯一葬儀の参列の可能性がありましたが、彼も運悪く父が亡くなった翌日に県の弁論大会があり彼がその世話役になっていましたので参列できませんでした。よって子供達は3人とも葬儀に参列できませんでした。これを読まれている方によっては「なんて非常識」と思われる方もいるかもしれませんが、私の祖父から父そして私に至るまで「個人の大切なことがある場合は個人を優先して残った家族の誰かがカバーする」という暗黙の了解があります。亡くなった父もちゃんと結果を出した孫たちが後に会いに来てくれる方を望んでいたのです。

次の49日の納骨の時は、長女の後期再試験の可能性、長男は国立前期の直前、次男は学年末試験の真最中です。本当にタイミングが悪いというのはこういうことを言うのでしょうが、子供達それぞれが己の結果をしっかりと出した後にゆっくりと父の墓参りをさせて頑張った成果を報告させたいと思っています。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

平成最後の受験

昨年の長男の大学受験は広島でセンター試験を受けてその後は学校や塾で体調管理と試験対策をこなしながら3月初旬の1か月半を東京や関西や九州に受験旅行で何度も新幹線の往復でした。長女の時は九州から新幹線や飛行機を駆使しての往復でした。受験校は本人が決めなければ親が決めることはできませんが、ホテルや移動は親がアレンジするものだと思っています。やはりまだ社会でもまれてないせいか、新幹線と在来線の乗換えやホテルから受験校への移動手段にしても「もし雪が降ったら?」とか「在来線が止まったら地下鉄に切り替えなければ」とかなかなか知恵が働きませんし、ましてや試験直前の者にそんないらぬ心配を考えさせるだけ無駄というものです。ですから長女の時も昨年の長男のときも私が仮想の受験生に変身して自分が試験会場までのシミュレーションをしてネットで移動手段からホテルまで予約しました。これが世間からみれば過保護と言われればそうかなあと思いますが、それくらいまでなら許されるのではないかと思います。なぜなら最近の親は一緒に子供と受験会場まで行くことも多いのだそうです。それには過保護かもしれないと思っていた私としては目が点になりました。

自分の高校時代は皆、新幹線とホテルだけは親にとってもらいましたが、一人で受験に行きました。逆に長女の時に女子にも関わらず親が一緒について行かないと言うと逆に怪訝な顔をされることもありました。ただしこの1か月から2か月の長丁場で何度も上京するのはやはり肉体や精神的にも疲れます。自宅から受験会場に行ける受験生の方が体調やスケジュール管理など全てにおいて有利ではないかと以前から思っていました。ですから昨年長男が浪人すると決まった時には上京して予備校の寮に入れるのもありかと思ったのです。長女が寮に入った時は新幹線に乗って1時間で行ける小倉でさえも月に1回も会いに行くことはありませんでした。それなら新幹線で4時間の東京でもそんなに変わりないのではないかという結論に昨年には達していたのです。広島でさえも寮に入れば親は安心なんてことはないということは長男の高校時代の行動で痛いほど経験させられました。精神的な距離が遠いという意味で東京や大阪が遠いとか、寮の近くに繁華街があるから浪人した子供に誘惑があるのではとよく聞きますが、その場合博多でも広島でも状況は一緒ではないかと思うに至ったのです。またスマホ全盛のこの世の中では田舎でもたくさんの誘惑が画面にはいっぱいです。言われればその通りと思うのですが、経験しないと実感できないでしょう。その点では早いうちからいろいろとやらかしてたくさんの心配を経験させてもらった長男にはある意味感謝しなければなりません。その経験を踏まえて次男は中学からおもいっきり寮に入れる決心がついたわけです。

今年の長男の受験は自宅から受験会場に行けるためホテルや移動の心配がいらないのでその点は昨年と異なり安心ですが、それと桜が咲くのか散るのかは全く別次元の問題であることに変わりはありません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする