思想の自由と表現の自由は違う

最近よく表現の自由という言葉が独り歩きしています。この言葉を本当に理解しているのか甚だ疑問に思うことが多いのです。自由という言葉は聞こえが良いのですが、自由は何を言ってもよいのではありません。例えば差別用語などは表現の自由ではありません。では区別なら良いではないかという声が聞こえてきます。しかし自由を振りかざすためには相応の義務というかルールが存在します。SNSで皆さん自由な発言を投稿しますが、勘違いをして何でも思ったことを書けばよいという人がいます。その個人の考え方を頭の中で展開するうちは思想の自由であって誰も文句を言いません。しかし言葉として文章として出してしまうとそれが全て自由とは限らないのです。この事実は誰しも言われればその通りだと納得しますが、実際に書かれていることは何の根拠もなくただの大きな独り言なのに敢えて「自分は正しく自由に表現してどこが悪い」とどこ吹く風です。勿論、執筆者の責任において記名を義務化すれば言えることも言えずに社会が委縮して内部告発などできなくなりますので無記名は尊重しなければなりません。しかし無記名を良いことに相手を傷つける発言や誰が読んでもそんな事言う?という表現をたくさん目にします。それは公的な新聞などの社説だってしかりです。その考えは一部であって全部ではないのにいかにも社会全体がそのように考えているという風な論調で書かれていることが多いと思っているのは私だけでしょうか?

話が逸れてきましたので元に戻しますが、頭の中で考える事はあくまでも一個人の中からでませんので思想の自由は他人があれこれ関与することではありません。しかし表現の自由は多くの人々が目にするわけですから自由の中に制限があります。それを勘違いしている人もいることが問題なのです。それが挙句の果てにイジメなど陰険な問題につながり境界が見えにくくなりどんどん拡散されて収集がつかなくなり傷つく犠牲者がでてくることもあるのです。そこを投稿者はぜひ考えなければいけません。その場の思い付きで書いても一度書いたことは後戻りできずにどんどん拡散します。最近は訴訟になることも多く誤った表現を消せる権利という事例が登場しましたが、それでもネット大手のIT企業は表現の自由を盾になかなか消せる権利を認めません。それが真実かどうかは二の次でいつも表現の自由という言葉で逃げます。その企業の中でも心ある人は多くいるはずですが、企業の総意となるとバカの一つ覚えで表現の自由となるのでしょう。

最近、世の中が誰でも自由にSNSの投稿ができてそれを誰でもフリーアクセスで行き来できるというとても便利な時代になりました。しかしその自由な表現が本当に自由に則った表現ならよいのですが、投稿の中にはかなりの数の履き違えた自由な表現がまかり通っています。そのような誤った文章を読むと読んだ側もいい気はしません。「それなら読まなきゃいいじゃないか」と言う意見が出てきますが、それこそが誤った考えを更に助長するのではないかと思うのです。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

生き甲斐

先日、NHKの朝のニュースでヨーロッパを中心に「生き甲斐」という本がベストセラーになっているという特集がありました。「今更なんで?」と言いたくなるのですが、話を聞いていくうちに「なるほどね」と思いました。まずこの「生き甲斐」という本がフランスとスペインでベストセラーになったのですが、その作者はスペイン人で13年前に仕事で来日しています。仕事はIT企業で来日後も忙しく自分の存在価値を見失いそうになったそうです。自分も含めて仕事に忙殺されて「なんでこんなことばかりしている自分がいるのだろう?」と思ったことは誰しも一度や二度はあるのではないかと思います。でも結局その答えを見出せないまま忙しい日々を過ごしていつの間にかその命題は忘れ去られてしまいます。作者はその時たまたま沖縄の長寿の島に渡って島の人々が生き生きと笑いの絶えない生活を送られていることに驚いたそうです。では「なぜそのような笑いの絶えない生活が送れるのだろうか?」と注意深く観察して作者なりの見解をまとめた本が「生き甲斐」という本なのです。それが瞬く間にヨーロッパ中に広まったそうです。テレビで今回その内容を簡単に10分でまとめられていましたが、「何を今更?されど今更」というシンプルな考えに私も目から鱗が落ちました。

まず日本文化と西洋文化でヨーロッパには「生き甲斐」という言葉が存在せず、アメリカでもその言葉にあたる訳は「meaning of lifeで生きる意味」だそうです。それもぴったりとはあてはまらないようです。なぜあてはまらないかというと西洋文化は「仕事とプライベート」をきっちりと分離する文化です。一方で日本では仕事とプライベートの線引きがなかなかはっきりしません。ですから仕事の内容や時間の延長線上に自分の人生観や価値観が連動してくることが多々あります。それは日本人の誰しもが認めるでしょう。そこで「生き甲斐」とは1)得意な事をする2)好きな事をする3)社会貢献をする4)収入が得られるという4個の集合を全て満たす部分に「生き甲斐」が存在するのです。これはなるほどです。前出の長寿島の人々が凄いことをしているわけではなく、その4個を全て満たしているために島民の笑いが絶えずに生き生きとしていると結論付けています。

定義は人により異なりますので全て正しいとは思いませんが、自分にあてはめると長年熟考してきたことに一致する部分があるのです。今の自分にとって134)はあてはまるのですが、2)好きな事をするということがどうしてもしっくりきません。よく「好きなことをしてそれが仕事になった」と聞くことがあります。それがどうしても自分の中で腑に落ちないのですが、逆にとても羨ましく思うのも事実です。今回の特集をきっかけに「これからの残りの人生を全うしていく上で好きな事は何か?」という命題を以前からの自分が問い続けてきたのだと改めて気付かされました。そして自分がずっとこれからも探し続ける命題は「生き甲斐」なのだとも思いました。見つけられるかどうかは現在の状況や残り人生から考えると不可能かもしれません。しかし諦めるつもりもありません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

サラリーマン川柳

「神の手も道具なければただの人」最近自分自身を含め自戒を込めて詠んでいます。テレビではよく名医などといって医師が出演します。出演している医師は私から見てもすごい人ばかりで本当に名医だと思える人物はたくさんいます。それは事実です。しかしそれはその道の名医であって少し分野が変わればただの人になります。我々内科医は全ての疾患に対応できると現在でも信じておられる患者さんがかなりおられます。しかし全ての疾患に対応は不可能で、その相談を受けて適切な指示としてその専門の医療機関に紹介できる医師こそが名医であると私は思います。例えば眼の調子が悪くて内科の隣に眼科があるのに内科には流石に来ないでしょう。日産の車の調子が悪いのに流石にトヨタに持って行って修理してくださいと言わないでしょう。離島で医師が一人しかいなければ全てを診療しなければなりません。現実的には困難です。ただし相談にのってあちらに行けばいいという指南はできます。離島で従事する医師は個人的には都会のゴッドハンドよりある意味では名医として尊敬します。しかしゴッドハンドを否定しているわけではありません。どちらにも住み分けがあると言いたいのです。しかし世間ではなかなかそこが理解されていないのも事実です。ですから自戒を込めてサラリーマン川柳に投稿してみました。しかしこのようにちゃんとお題の説明や解説付きならば理解されると思うのですが、その句だけを詠まれてしまうとまたそれこそ表現の自由なのですが問題かもしれません。

医者なんて自分も含めてそうですが、病院や診療所というアプリを持っていればその中では自分の力を存分に発揮できます。しかしゴッドハンドの名医でさえも道端で倒れている人を見つけた場合は一般人と同じ行動しかとれません。なぜなら大声で「誰か来て」とか「救急車呼んで」とか自分のケータイで119番通報してあとは心マッサージするくらいしかできないのです。それでも助かる時はその倒れた人は助かりますし、駄目な時は何をしても駄目な場合も多いのです。ですから敢えて一般人と同じくらいと言ったのです。ところがそのゴッドハンドがひとたび病院の手術室で術着に着替えて最新の医療器具に囲まれると神の手を発揮します。餅屋は餅屋で仕事をして初めてその人の技能を生かせることを言いたいがための川柳を詠んだつもりですので、もう一度繰り返しますが決してバッシングではありません。「何でもできる何でも内科」は「何もでき内科」と言われるのが悔しい場面もときに遭遇します。ですから何も道具を持たずに全てをやってのけなければならない僻地医療を実践している医師は素晴らしいと思うのです。まだまだ精神的にも技術的にも未熟な私には到底真似できません。これからも自分のできる範囲で精一杯の事をしていくのが今の自分の務めだと思います。個人的には医師は飲み薬で治すのではなく「安心という薬」を処方してあげるのが一番だと信じています。しかしその安心のために余計なことを言って更に相手を傷つけてしまうこともあり反省することも多いです。それで最後に一句詠みます。「名医とは腕と心の二刀流」お粗末でした。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

AならばB、BならばC

本日のお題は何を言っているのか想像することは困難かもしれませんが、簡単な例を挙げてみます。鳥は生き物である。これがAならばBです。では生き物は鳥である。これは一部当たっていますが正解とは限りません。鳥でなくとも他にも生き物はたくさんいるからです。これを数学の世界では必要条件と十分条件と言います。小難しいことは置いといて何を言いたいかというとその中でも「AならばB」と「BならばA」というどちらもOKという条件の事を二つ合わせて必要十分条件と言います。つまりどちら側から見ても真実は一つという場合に使います。私は○○である。○○は私だ。この○○に自分の名前を入れてみてください。同姓同名という例外は別として11対応になるでしょう。そのような関係の事を言います。つまりその条件ならば自分しかいないという事実を数学的に表現したものです。次に更に発展させてみましょう。23より小さい。12より小さい。その結果13より小さい。これが本日の題目であり題目には敢えて書きませんでしたが、答は「AならばC」であるという真の答を導けます。数学の世界では解答が複数のこともありますが、ほぼ解答は一つしかないことが多いのです。ただしその正解に至る過程にはいろいろな手段があります。例えば歩いて地道に時間をかけて計算する場合やどこでもドアという公式に当てはめて一瞬で解答できる場合もあります。結果としてゴールにたどり着けばどの手段でも正解なのです。

ではこれを一般社会で考えてみましょう。「この仕事ができるのはこの世界でもそんなにいない。その中でもこの仕事だけは絶対に誰にも負けない」という自負が自分にあるとすればそれは「AならばC」であるという考え方に近いでしょう。「この仕事なら私に頼めば一番よい仕事をする自信がある」これは最初に挙げた「AならばB」と「BならばA」という必要十分条件を満たしているでしょう。つまり自分の誇れるものつまり「オンリーワン」を持つことの重要性を説いています。ときに日々の生活や仕事で「どっちにしようか」と悩むことも多々あります。例えば「今日の夜は肉にしようか?魚にしようか?」と悩みます。「昨日は肉だったから今日は魚か」と答えを出します。これが正に「AならばC」という考え方の原点なのです。小難しいことを書き並べましたが、人は物事を考えてどちらかを選択しなければならない時にはこのように数学的な発想を取り入れて論理的に進めようとします。自分自身ではそんなことを考えているつもりはないのですが、数学的体系的に沿って物事を考えるのです。人がこの世の中を生きていく上で多くの悩み事を抱えますし私も同じように悩みます。その時私はいつも数学のこの論理を最大限に駆使して考えるようにしています。悩み事や選択肢をシンプルに2個若しくは3個挙げてみてそれをABCに当てはめます。そしてそのABCの順番をいろいろと変えてみます。結果としてどの順番でもその条件が成立する場合はその論理は普遍性をもっていると判断して現時点での正解として選択します。勿論、現時点での正解であって未来永劫の正解ではありません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

福井へ旅行~研修編~

先週は研修会の直前までのお話でしたが、今回はその続きです。百聞は一見にしかずと言いますが、実際目の前で見ると思っていた以上にまた想像力が掻き立てられます。この立派な建物を見てもし自分ならこういう風にマネジメントしていくだろうと考えます。そのような意見の交換会が本日の3時間の研修会です。研修のみですと机上の空論になりがちですが、実物を見るとまた更にアイデアが湧いてきます。とても有意義な時間を持てたと思います。研修後は皆で山中温泉の旅館に移動です。本日のメインイベントはこれから夜の懇親会です。ゆっくりと露天風呂につかり今日1日の疲れを癒します。それから地元の美味しいものや地酒を飲みながらの意見交換会が始まるのです。今回の出席者はほとんど以前からの知り合いで数名は家族の慰安を兼ねてファミリーで来られています。一人で来ている者は皆で大部屋に押し込まれて3人部屋になりましたが、その代わりに部屋に露天風呂がついて豪華版です。とはいっても懇親会は二次会まで続き個人的な仕事上の悩みや子育てのことなど内容は多岐に渡り話も尽きません。夜はどんどん更けてあっという間に時間が過ぎていきます。あとは寝るだけで豪華な部屋をとった割にはあまり部屋自体を堪能できていません。しかし翌朝目が覚めて窓越しの景色は風情があります。前日の疲れも残ったまま朝食をとり午前は旅館のイベントホールで研修会2日目です。本日も内容の濃い事例ばかりで自分では経験できない疑似体験ができます。自分だけで考えてもなかなか良いアイデアは浮かんできません。全く異なる科のDrの話を聞くと新鮮です。多くの事例は自分にはあてはまりませんが、これからの自分がどっちの方向に進んでいけばいいかなどの方位磁石になります。目から鱗が涙のように落ちてきます。集中した3時間はあっという間に過ぎて終了時刻になります。今回も新たなきっかけを見つける旅にすることができた貴重な2日間でした。

帰りの東京組は金沢まで出て北陸新幹線で東京へ帰ります。私はサンダーバードに乗って京都まで行き乗り換えて夕刻には徳山に到着しました。このような研修会と息抜きを兼ねた旅行は家族との旅行とはまた異なりとてもよいものです。今回の研修で感じたことは20年前の自分を見ているようでした。皆それぞれがいろんなステージに立っていますが、その立っている先の道は見えません。多分この先にも同じような道があるのだろうと思いながら歩いて進んでいきます。知らぬ間に水たまりに踏み込んで足を滑らせて転ぶかもしれません。その道を過去に通ったことがある者は後から来る者にそこの水たまりに注意するように促しますが、相手もなかなか言うことを聞きません。私もそうでした。皆自分の脚で歩いて躓きながら学んでいくのです。ただ先陣をきった者の言うことを素直に取り入れると良い場合も多くあります。今の自分は昔の自分よりは人の話を少しは聞き上手になったのかもしれません。しかし明日からの道は自分で探して切り開いていかなければなりません。福井への研修旅行が少しでもその足しになれば幸いです。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする