同窓会での不思議な出来事を聞いた事~同級生の死~

私は霊感が強くありませんし、一応科学者の端くれですので心霊現象など非科学的な事象は信用しないようにしています。脳科学からみると脳細胞の記憶などは電気現象でありそれが現代のIT技術からすればマイクロチップに何ギガバイトの容量をもち発火して神経細胞を刺激してありとあらゆる情報を伝達していきます。しかしこの記憶は質量などなく物質とは言えません。質量も温度もなく見るに見えない記憶と同じような代物である御霊も不可解なもので現在に至っても信じるには私にとり困難な事象です。前置きは長くなりましたが、そのような心霊現象でも今回だけは例外として私は認めてもいいのではないかと思い紹介させていただきます。

彼は小中高と同じで卒業後は東京に住み田舎には年老いたご両親がいます。その老夫婦は昔から私が診療しています。5年前の同窓会に彼が出席してくれて30年ぶりに会えて楽しいひと時でした。今回の同窓会にもご両親を通して出席を促しましたが、今回は仕事が忙しくて欠席とご両親を通じて伺っていました。そして同窓会が盛会に終了した翌週のことです。ご両親が顔面蒼白で来られて「息子が亡くなった」と一言。勿論言葉が出てきません。沈黙が続きお互いにその雰囲気にいたたまれなくなり何か話をしましたが、あまり記憶に残っていません。唯一覚えていることは肺癌に3年前になり末期だったとのこと。その日はそれで終わりましたが、後日今回の同窓会の反省会で同級生の死をメンバーに話したら、一人の友人がわけもわからぬことを言いだします。「同窓会で彼が包帯を巻いていてにこっと笑っていた」と言うのです。現実と空想、現在と過去、そして自分の記憶と彼の記憶がその場で交錯して何が真実で何が事実かわからなくなりました。すかさず別の友人が「彼は昔から霊感が強いよね」と言うのです。科学者の端くれとしてそれを事実として受け入れることはできません。それでも「もしそれが本当ならそれはそれでいいや」と思いながら反省会は終了します。そのモヤモヤ感が消えないまま「同い年の同級生の死」の重みの方がショックで「人生とは儚いもの」と思いながら1ヶ月が経過します。

先日、久しぶりに同級生のご両親が来られて診察の合間にゆっくりとその件をお話ししました。ご両親もその状況を即座に飲み込むことは不可能なことはわかっていますが、敢えて聞きました。同級生が亡くなる1週間前のお盆の同窓会の頃、彼はホスピスにいて頭に包帯を巻いていたそうです。多分亡くなる前ですから意識も少しずつ遠のいていたかもしれません。彼は家族に看取られて亡くなりましたが、無念だったと思います。もう一度故郷に帰って来たかったと思います。その思いをもしかしたら霊感の強い友人は見ることができたのだと今では思っています。知らぬとはいえ私は亡くなった彼のご両親に「なんで今回は帰省しないの?」と何回もしつこく聞いたことは今になっても余計にひっかかっています。今回は私の中では例外の事象ですが、ご遺骨が実家に里帰りしましたので、彼に直接会って「お前、同窓会に来てたんだってね。楽しかったよ」と合掌するつもりです。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

熱海へ研修旅行

秋分の日の二連休を利用して熱海まで研修旅行に行ってきました。現在の医療情勢から将来の人口減少と少子高齢化に対応するために医療人としてまた経営人として今何をしなければいけないか?というセミナーに参加するための一泊二日の研修旅行です。関東からでしたらほんの1時間程度で日帰り可能な距離ですが、新幹線を乗り継いで4-5時間はかかる地方からの出張ではどうしても泊りがけになってしまいます。まだ熱海には一度も行ったことがありません。大学生時代に温泉旅行で熱海になんてこれっぽっちも思いませんでした。多分今の自分が県内の湯田温泉に泊りに行こうとは思わない感覚と一緒です。夕食は宿泊とセットですので心配いりません。でもせっかくご当地に行ったのですからネットでランチグルメを探して予約して行きました。朝の7時前に徳山を出て新神戸でのぞみからひかりに乗り換えて11時には熱海に到着です。前日までの雨はあがりましたが、曇って太平洋もどんよりとして見えます。11時30分の予約で祇園というお食事処に入りお勧めのメニューの海鮮しらす丼を頼みました。やはり名物とうたうだけあって食べごたえがあります。瀬戸内の美味しい魚を食べている者としてはまた違った意味で地元の良さを再認識します。食べ終えてから急いで会場のホテルに入ります。

初日は4時間の講演やカンファレンスが組み込まれています。全国から同じ考えを持つ医師が10名ほど参加していました。自分と全く異なる専門の医師ですが、皆私と同じ経営者です。医療に対する取り組み方は専門が違えども同じです。一方で経営の手腕や考え方は天と地ほどの開きがありました。昔なら正しい医療さえしっかりすれば結果は自ずとついてくるという古き良き時代ではこのような会は必要ないでしょう。この20年で医療環境は非常に変わりました。現在は良い医療だけではなかなか経営的には苦しい時代になっています。開業医も大きな目で見れば経営者ですのでそろばん勘定もできないと経営者としては失格の烙印を押されてしまいます。そのような緊張した空気が張りつめた4時間のカンファレンスで私にとってとても有意義な会でした。今回のもう一つの目玉は夜の懇親会です。初対面ですが皆同じ不安をかかえて集まった同志ですのですぐに飲みながらお互いの情報交換ができました。普段は思うことがあってもなかなかその相談相手がいません。そのような同じ境遇のために話も弾みます。また年代も異なり私よりも一回り若い世代で開業したばかりの経営者は借金を抱えてこれから10年は荒波を漕いでいかなければなりません。そして子供も小さいので子育てもこれからです。その姿は自分の10年前を思い出しますが、今ではそのパワーは自分には持ち合わせていません。開業して20年経過して子供もほぼ片付きつつある現在は職業人と経営人としてよりも残りの人生をどのように自由人として生きていくかに興味が移りつつある自分には、過去の自分を映し出している周囲の同志とこれからの方向性を考えるうえで飲みながら大いに語り合えて満足です。翌日もカンファレンスを3時間して昼過ぎには熱海を後にして新幹線に乗りました。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

金メダリストの魔法の言葉

以前、ZARDの故坂井泉水さんの「負けないで」は魔法の言葉で元気が出る歌詞であるとこのブログに書いたことがあります。それからこのキーワードは頭の引き出しに仕舞い込んだまま埃を被っていました。そしてリオ五輪が終わって半年後に体操の内村選手のリオ五輪のNHK特集で「魔法の言葉」というキーワードが多用されその懐かしい匂いのある言葉の再登場で私の引き出しも再活性化されました。そのキーワードは内村選手のロンドン五輪まで遡ります。世界選手権では6連覇という偉業を達成している天才でさえ、中国という仮想敵国の選手の背後からの足音に自分を取り乱して五輪という魔物に飲み込まれて自滅して、悲願のアテネ以来の体操団体五輪金メダルを取り損なった苦い思い出から話題は始まります。ロンドンでの忘れ物が団体の金メダルで、その忘れ物を獲りに行くのが今回のリオだったのです。個人としては一つの大きな壁を乗り越えたもののたった一人で団体の頂点を目指すことは不可能です。そしてリオ五輪を前にして後輩の選手が内村選手の4年前と同じようにプレッシャーに陥ります。しかし内村選手はその後輩に自身の4年前の失敗を教訓に「魔法の言葉」をかけてその窮地から救います。投げかけた言葉は「お前がいなければ絶対に金メダルは獲れない」です。いたってシンプルです。しかしその「魔法言葉」により五輪前の全日本選手権でその選手は代表入りをもぎ取るのです。一時は落選かと危ぶまれていました。そして皆さんも感動したリオ五輪での団体戦一騎打ちは見応えがありました。努力は実るもので本当に皆の力が結集して金を獲りました。

それでは私の中で「魔法の言葉」とは何なのか?遥か昔に思えるような次男の中学受験がありました。実際にはまだ1年半しか経過していません。その当時もいろいろな雑誌やネット上で「魔法の言葉」が飛び交いました。子供に対して「お前を信じている」とか「お前なら必ずできる」と褒め言葉を使うのです。あくまでも前向きな言葉です。そのような言葉がときとして「魔法の言葉」に変わるのです。皆が皆その「魔法の言葉」によって変わるわけではありません。皆が変わるなら東大の受験生の皆が合格してしまいます。しかし不断の努力を続けていた挑戦者にそのちょっとした気遣いや「魔法の言葉」をかけると化学変化が起きて変身することもあるのです。それを信じて気の利いた言葉をかけてやりたいのですが、自分自身の器が小さいもので実際はなかなかうまく声をかけることができません。「魔法の言葉」をかけるということはその言葉をかける側が本当に修羅場を乗り越えてその経験を元に相手の事を考えて、いたってシンプルに言葉をかけることなのだということが今回の内村選手のドキュメンタリーを通してわかったのです。有言実行できるということは本当に凄いことだと思います。それと比較するとまだまだ私は未熟者だったのです。しかしその事がわかっただけでも進歩なのです。次の機会があればもしかすると私は子供たちに言葉で魔法をかけてひとつ高みに連れて行ってやれることができるかもしれません。そのためにも日々精進なのです。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

最近の大学入試説明会

先日大学入試説明会に参加してきました。予備校主催ですが、それでも10校近くの私立大学が参加していました。国立は絶対に来ません。国家公務員法から来ることができないのか?否、「私立と一緒なんてやってられねーよ」とプライド高すぎなのかは定かではありません。旧国鉄が民営化されて競争にさらされてもなかなか歴代トップの考え方は変わらないのと一緒の原理だと思います。昨年夏に長男が某国立大のオープンキャンパスに行きましたが、お偉い教授が出てきて偉そうに入学してくる学生は優秀だから云々と鼻高々に言われてあまり魅力ある学校紹介ではなかったようです。国立大も独立行政法人に移行して一地方大学の山口大学は少子化による学生数の減少を目の当たりにしていろいろと改革して少しずつ結果が出てきています。一方で都会の大学は黙っていても優秀な学生が集まってくるという地方からみれば羨ましい限りの条件ですので、どうしてもそのような傲慢な態度になるのでしょう。国立対私立、都会対地方と格付したくないのですが、どうも上から目線が気になります。今回の説明会でも来る大学と来ない大学ではやはり都会対地方がありました。中でも都会から地方まで説明会に来られる私立大学は相当な危機感が感じられます。都会で国立に圧倒されないようにそして同じ私立には絶対負けないように説明担当者も教授と事務方トップでいらしている大学もありました。そのような学校は一般的に他校と比較すると受験という限られた世界での偏差値はやや劣るかもしれませんが、それ以上に熱意を感じます。1点でも高い方が勝つという結果が全ての世界ですが、それでもその熱意は参加した我々には伝わります。一方で大学として参加はしたものの広報の若い方が一人でポツンと座っているブースもよく見かけます。そのブースで意地悪な質問をしてその大学の姿勢をあぶり出そうとするのですが、予想通り担当者から的確な答えが返ってきません。そのような中途半端な対応ならわざわざ都会から来なくて資料だけ置いておけばいいのにという大学もあります。ただし普通の参加者は何の下調べもせずに来る方が大半ですのでそのような対応でも十分なのでしょう。しかし私の場合は必ず下調べをして肝の部分を引き出すような質問を携えて参加しますので、相手からみればとても手強いのかもしれません。そのような私でも興味がない大学のブースでは普通の人と一緒で当たり障りのない質問しかしませんが、多分時間の無駄で行かないと思います。

大学入試の情報収集もネットの普及で大きく変わりました。以前なら足を運んで見て現地で資料をもらってそれから質問を考えることが多かったのですが、今では事前にネットで大学HPに入ってアクセス方法から入試内容そして挙句の果てには大学生活までありとあらゆる情報があります。また予備校などの独自の学校解析による評価もたくさん存在しています。そこまで調べて予習しておくと実際に説明会やオープンキャンパスに参加しても短時間で効率よく実りある成果が出ます。そこまでの準備は完璧なのですが、いざ入試で合格するかどうかは全くの別問題で本人次第であることは言うまでもありません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

次男の文化祭に行って

今年で2年目になる次男の文化祭ですが、次男が文化祭実行委員になって学年で出す催しを計画しなければならないと言っていました。夏休みに入る直前に文化祭実行委員会が開催され次男が出席しましたが、夏休みは帰省しますので準備などできません。後は夏休み後の約1週間で大急ぎで準備をしたようです。クラスの中をまとめるのもいろいろな生徒がいるのでなかなか大変だと思います。中2で催しをしなければいけないのですが、なかなか良い企画は出てこないようです。上の兄弟の学校の文化祭や中学受験のための情報集めとして西日本のいろいろな中高一貫校の文化祭を見て回った経験が生かしてがんばってほしいものです。学校という限られた時間と予算とメンツで14歳の子供たちだけでどんな文化祭ができるのかを親としては興味津々で佐賀まで日帰りで行ってきました。

昨年の中1はクラス対抗合唱コンクールがあり次男は指揮をして見事優勝しました。しかし後日談で合唱の指揮に立候補をしたもののクラスの中で意見がまとまらずに相当苦労したと担任の先生から聞きました。先生もかなり次男にきつく言ったらしいのですが、どうにか次男は最後にはクラスをまとめきれたようです。それも社会に出る前の訓練と思えば買ってでもした方がよいと親としては確信しています。またその後には寮でいじめがありその加害者や被害者ではなかったのですが、次男の性格から少し出しゃばったようで間接的な被害が少々あったようです。親としてはここぞとばかりに担任の先生や寮監さんと連絡を取り合って対処しました。次男の正義感の強いことは立派だと認めます。大人の親からすれば事なかれ主義に思われるかもしれませんが、自分への被害を最小限に食い止めるためにもう少し柔軟に子供に対処してほしいものです。しかしこのようなミニ大人社会を体験させるために寮に入れたわけで次男もどんどん成長していくことに関してはうれしい限りです。今年の次男はテニス部と兼部している文芸部で仕事をしていました。エプロンをつけて先輩から指導を受けながらコーヒーなどを出して接客をしていたのです。家では想像もつかない姿を見てやはり成長したなと感じる一コマです。また文芸部ですので物書きをしなければなりません。夏休みの最後の頃に頭を抱えて文化祭に出す文章が書けないと言っていましたが、どうにか間に合ったようです。

昨年、今年と2回の文化祭を見た限りこの学校の文化祭は少し盛り上がりに欠けているように思えます。この事実は西日本の10校以上の中高一貫校の文化祭を子供たちと一緒に見てきた私にとっては明らかです。ですから昨年から文化祭だって青春の一コマなのだからもう少し盛り上がっていいのではと次男に言っていました。そして次男が実行委員になったのでこれ幸いと思ったのです。しかし文化祭もそれぞれの学校の流儀がありますので変えることは困難かもしれません。今回の日帰りで行った次男の文化祭での収穫はかなり成長した次男を見ることができたことです。あとは更なる成績アップを期待したいところですが、この件に関しては文化祭以上に実現は困難かもしれません。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする