本業でないことは楽しい

以前、元ヤクルトスワローズの宮本選手が「仕事で楽しいと思ったことは一度もない」と言われたことをこのブログでも取り上げましたが、今回はその第二弾です。今回は子供に教えるために高校数学を勉強し直しましたが、正にその通りでした。いつも月に1回内科学会から医学雑誌が送られてきて最近のトピックスなる話題が4050ページにわたって書いてあります。自営業のためなかなか学会に出席できないし出席しても最新の話題にはついていけないことも承知していますので責めてもの思いで毎月読んで理解しようとしていますが、なかなか全てを自分の頭に吸収することができません。まだしも自分の専門領域であれば経験がなくともおぼろげに想像もできるのですが、非専門領域ではさっぱりわかりません。そしてこれが飯のタネと思えば思うほどその11行を読んでいくのが苦痛になります。プライベートで読みたい本を読むときは専門書であっても自分の趣味で読むのですから理解が困難でもそれはそれなりに楽しいものがあります。ですから今回の数学を復習するにあたっても難しい問題が出てきて理解不能でもそれなりに充実した時間を送ることができました。一方で医学専門書は自分ではやらなければいけないというmustな気持ちがあるため楽しくないし理解できなければ更にcan notな気持ちが更にモチベーションを下げる相乗効果を持っているのです。本当にやりたければwant toな気持ちで自らwillしなければいけないのでしょう。英語も子供に教えていますが、助動詞でも前向きな助動詞と後ろ向きの助動詞があります。もし私がこれから塾の講師になるつもりで勉強するならばそれこそ飯のタネにしなければならなくなりmustな気持ちとなり数学も全く面白くなくなって苦行の時間となるに違いありません。

ではその違いは何であるかと考えていくとそれが本業か本業でないかが大きな違いではないかと思うのです。本業だとそれができなければ「おまんまを食えない」ので嫌でもやらざるを得ません。本業でなければ「別にできなくても食いっぱぐれない」ためできてもできなくても気楽な事が楽しさに繋がるのではないかと思っています。ただこれはあくまでも現時点でまだ本業を10年以上残した状況での私なりの結論です。いずれ引退する時には現在とは違った答えになるかもしれません。なぜそう思うのかというとよく雑誌やテレビなどの対談で「趣味は仕事」とか「趣味が高じて本業になった」というお話を聞くことがよくあります。未熟な私にはどうしても「その心」がわかりません。言いたいことはよく理解できるのですが、実感として湧いてこないのです。だから冒頭でも話題に出した元プロ野球選手の「仕事で充実感や満足感や達成感は得られても楽しいことは一度もなかった」という言葉がすっと私の心に腑に落ちたのです。もしかしたら「楽しさ」とその他の「満足や充実や達成感」を混同しているのかもしれません。今回は1年かけて高校数学をやり遂げた達成感や充実感の中に将来本当に楽しさが同居できるかどうかは今の時点では不明です。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

借金は最大のモチベーションである

先日ビジネスカンファレンスに出席して世の中の動向を聞いてきました。それが全て医療業界にあてはまることはありませんが、世の中で活動するという普遍の事業に関しては一定の規則があります。今回は長年働いてきて惰性になってきた状況をいかに打破するかという視点で考えてみました。惰性になるとどうしてもモチベーションが落ちます。最初の頃は希望に満ちたバラ色の人生を夢見て起業するわけですからモチベーションが落ちることなどあり得ません。また目標も掲げて日々邁進しますので惰性というつまらない事に脇目を振る暇もありません。ところが同じことをずっと続けて10年、20年と経過すると自然にモチベーションが落ちてきます。そのような状況に至った時に「次の展開は?」と考えるには今回の企画が絶好の機会でした。

昔昔、自院に帰ってきて新しい診療所を建てた時それはもう20年前のことですが、その当時は右も左もわからず借金を抱えて毎日毎日がそれは必死でした。それでも全くの地盤と看板と鞄をもたない状態からの出発ではありませんでしたのでかなり精神的には楽だったと思います。一方で真っ白な新品のキャンバスではなくひびの入った色褪せたキャンバスに真っ白な布を新しく貼ったような出発ですからどうしても新しいキャンバスを通して薄っすらと昔の色が見え隠れします。これが継承の辛いところで裸一貫からの出発と比較すると一長一短です。それでも借りたお金を返せなければ一家は夜逃げをしなくてはなりませんので必死でした。しかし借金の返済が終了するといつの間にか以前のような緊張感は消え失せて惰性へと変化していきます。一度その惰性というぬるい環境に慣れてしまうと再び「もう一旗振ろう」とは思えなくなります。そしてどんどん年月だけが過ぎていきます。そう言えばこんな感覚はもっと以前にもありました。昔々の事を丹念に思い起こしてみますと今、思い出しました。子供が生まれた時です。「この子が成人になるまでは何が何でも生きなければいけない」と3回思ったあの時の瞬間と同じ感覚です。これも大きなモチベーションになりました。モチベーションは借金返済という具体的な目標から壮大な夢や目標を掲げることまで幅広く存在します。そしてゴール地点に到達してしまうと目標がなくなります。いわゆる燃え尽き症候群でしょうか。また目標がまだ達成されずにその目標を見失うとやはり惰性に流されてしまいます。

そんな事を考えながら「次の一手は?」今、考えています。「もう一度、借金するか?」「いや、この歳で借金なんてもってのほか!」ともう一人の自分が叫びます。「まだ成人してない子供がいるじゃないか?」と尋ねられると「それはそうだけど、最近はそのモチベーションのインパクトは少し薄くなったんじゃね?」と子供からの声が聞こえてきます。言われてみればそれも当たらずとも遠からずです。「じゃあ、何をモチベーションにすればいいの?」と天の声に聞いてみました。「日々精進をしていれば天から囁き声でモチベーションが降りてきますよ」と帰りの新幹線の中で夢うつつに聞こえました。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

立派なニートになるためには?

「無職と呼ぶな、働く気がないだけや」と何かの雑誌に掲載された日本一忙しいニート「島田紳助」の一文が妙に気になりずっと考えていました。普通は無職とかニートと聞いて良いイメージを抱く人はあまりいないでしょう。だから紳助さんもそう反論したのかもしれません。しかしその後の「働く気がない」という表現はとても含蓄があるように思えてずっと頭の中に残っていました。私の場合、「仕事は放棄できないしやらなければならない」でも「10億円あれば仕事なんてやめて好きな事をしたい」では「自分の好きな事とは何だろう」もし「やりたい事がなくて怠惰な生活をするくらいなら元の生活で細々と生きていた方がいいのではないか」と堂々巡りになってしまうのです。30年も同じ職業に就くと他の芝生が青く見えて自分お家の庭の芝生は枯れているように見えます。本当は枯れてないと思うのですが、そのように見えてしまうのです。生涯を捧げるだけの仕事のことを神から送られた贈り物という意味でギフトと言うのですが、そのギフトを送られたと心底思って生きている人はどれくらいいるのか気になります。「趣味が講じて仕事になった」とか「好きな事をしていたらそれが仕事になった」という話をたまに聞きますが、そのように思って生きている人はとても幸せな人だと思います。ただしそのような奇才な方もいつも楽しいとは思えないはずで嫌な時は必ずあるはずですが、それを乗り越えて初めてそのような神のお言葉を述べることができるのでしょう。金メダリストやノーベル賞を受賞した人が放つ言葉には含蓄があります。彼らが神からその天性を見込まれてギフトを頂いたのかどうかは定かではありませんが、少なくとも一般人よりは遥かに神に近い領域で仕事をしているからこそ名誉ある賞をいただけたのだと思います。

話がかなり逸れてきましたので日本一忙しいニートである島田紳助さんのハワイでの生活などを見ていると本当に人生を楽しく生きていらっしゃると思いました。もし自分がお金もあってニートだとしたら同じように楽しく生きることができるだろうかと疑問に思います。やはり仕事でも妥協を許さず突っ走ってきた人物だからこそニートになっても一流のニートであり続けることができるのではないかと思います。そのような一流のニートに私も早く隠居してなりたいと思いますが、まだなれそうにありません。まだ現在の私はギフトを究めていませんし、本当に自分にとって最高のギフトかという確信も持てないからです。天才でも凡人でもいずれはギフトから離れなければいけない時がやってきます。早ければ10年そこそこです。生涯現役と気持ちで思っても不可能に決まっています。その限界に達した時に喩えれば有名人が「燃え尽きたから」とか「情熱がなくなったから」と言います。体の衰えによる「肉体の衰えで」とか「今までできていたパフォーマンスができなくなったから」とはちょっと異なるような気がします。それでも近い将来引退した後に「俺も日本で二番目に忙しいニートや!」と胸を張って言えるほどのパフォーマンスをしたいものです。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする

初期対応の重要性

いつの時代も不祥事は起こりますが、最初に発見した人が報連相のルールに従って上司にちゃんと報告しても上司の判断でストップしていつの間にかもみ消されてしまいす。そして事が重大になって二進も三進もいかなくなると今度はいつの間にかトップは認知症になって記憶を失ってしまいます。また第三者機関を立ち上げて開示を求めても保管期間があるにもかかわらず破棄したとか処分したので存在しないと繰り返します。運悪く内部からのリークでしょうか?破棄したはずの情報がみつかると今度は個人情報などと理由をつけて恥の上塗りの如く真っ黒ラインの上塗りです。そして最終的には記者会見を開いてトップが出てきて禿げ頭を30秒程度下げ続けます。民間の場合はそれでもまだましかもしれません。官僚や政治家に至ると申し訳ないとか遺憾で謝罪するとは言うもののまず禿げ頭を下げることは皆無で下げる頭はフサフサの下っ端の部下の頭だけです。昨年から森友学園から自衛隊日報問題そして財務省のセクハラ問題など上げればきりがありません。そして時期を逸して今頃謝罪しても遅いよと世論は思います。

火事に例えると簡単にわかりますが、まず火のないところに煙はたちません。全てが燃えるわけではありませんが、燃えやすい物を置いておくことは日頃の防犯上の観点からすれば好ましくありません。どうしても煙がたつと潔白でも疑われてしまいます。成人君主になれとは言いませんが普段の行動は非常に大切です。次に大切な事、それが初期対応即ちくすぶる火をみつけたら即刻水をかけるか消化器を使用しなければなりません。そのためには防火訓練も避難訓練と同時に日頃からしておかなければいざという時に即座に消火活動ができません。この初期対応がしっかりしている企業はその失敗を逆手にとって信頼ある会社と評価されピンチがチャンスに変わります。一時的なダメージは致し方ありませんが、必ずV字回復をします。過去にも初期対応がしっかりした企業は不祥事を起こしても必ずその不祥事と真摯に向き合い頭を下げてそこから再出発します。ほとんどの企業は隠蔽工作に忙しいのですが結局化けの皮が剥がれてしまうのです。医療ミスでも同様だと思います。しかし医療業界も他の業界と同じく模範的な初期対応ができる医療機関は少ないのが現実でしょう。やはり組織が巨大化して肥大化すればするほど風通しが悪くなり自浄作用ができなくなるのです。

本当はいけない事であったとしても、最初に一言「ごめん」と謝ればそこで「まあ、いっか」と済んでしまうことも世の中には多く存在します。その一言こそが初期動作でありすぐに消火活動を始める初期対応なのです。火が燃え上って炎となってしまってからでは全ての対応が後手後手に回っていつもの不祥事の会見になってしまいます。個人的には火を消すよりも火に近づかないようにして石橋を叩いて渡る性格ですので、いざ火を発見した時に冷静に初期消火ならぬ初期対応ができるかどうかは自信ありません。しかし日頃から少しでもイメージをすることがいざという時に動けるのだと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

次男の文化祭は3回目

前日の大雨も上がり朝から残暑の厳しい1日でした。中3になった次男は文化祭で今年から学年で催しの責任者である文化祭実行委員になりました。微力ですが少しでも文化祭を盛り上げる役目になりましたのでそれはそれで頑張ってほしいものです。そのように少しずつ成長していく姿を見たいがために今年も佐賀まで日帰りで行ってきました。昨年までは朝一番で乗り込んで昼前には疲れて昼食を食べて早々に引き上げていましたが、少しは学習をして午前中は文化祭自体の企画があまりないことに気づいて今年は少し遅らせて行くことにしました。新幹線と高速バスでインターに到着したのが丁度お昼時で我々も早めの昼食休憩を高速のサービスエリアでとっていました。そうすると早速次男から携帯が鳴ります。彼は文藝部も兼部してそちらで飲み物を提供する係もしています。意外にお客さんが多くて飲み物がなくなりそうなので買ってきてくれとの注文です。サービスエリアの飲料水売り場を探しますが、なかなかこれといったものがみつかりません。あっても全て1Lのペットボトルで大きな2Lボトルはなくまた気の利いたジュースもそんなにありません。そこで6本ほど買い込みそれをリュックに背負って小高い丘の学校まで山登りとなりました。そんな状況を予測してリュックを持ってきていたわけではありませんがとても重宝しました。坂を上ること15分で校門に到着ですが、残暑の中で汗だくとなり負荷のかかった良い運動をさせてもらいました。

到着したのが正午過ぎですぐに次男にペットボトルを渡しました。丁度昼の休憩を挟んでいましたのでほとんど何も企画はありません。午後からの企画開始の前に一通りの展示物を見て回ります。どこも混んでなくて1時間弱で見学や鑑賞は終了です。次男の文藝部での創作文をまず読みます。夏休みの読書感想文ですらまともに書けないほど文字音痴な次男ですが、創作文を読むと一体誰がゴーストライターかと思うほどの出来栄えです。きっと昨日まで部長や文藝部の顧問の先生の添削が大変だったことが予想されます。結果として別人が書いた文章として印刷されて親としては複雑な思いで我が息子の創作文を読んでいるうちに午後の部が開催となります。次に学年での企画を見に行きます。次男が文化祭実行委員として催しを取り仕切っています。そのような姿は自宅では見ることが皆無ですのでそれを見るとこの2年半の成長ぶりがうかがえます。親バカかもしれませんが、それはそれで寮に入って日々成長する子供の姿は頼もしいものがあります。企画自体は中3らしいもので外部者から見るとなかなか内部事情がわかりませんので意味不明の部分も多々ありましたが、それはそれで良しです。その後体育館でダンスや音楽を鑑賞して午後3時過ぎには終了となり今年の文化祭は昨年と比較して子供の成長を見ることができた貴重な1日でした。あと何回かこの地に足を踏み入れることはありますが、初々しい入学からもう少しで折り返し地点を迎えます。歳をとってくると若い頃と比較して日々の時間経過のスピードがとても速く感じられます。

カテゴリー: 日常のこと | コメントする